Phaser Editor

Phaser Editor は、フェイザーを操作するための多様なツールです。

これによって、複数のステップのフェイザー を動的に作成できます。また、フィクスチャを動かすための簡単なトラックパッドとしても利用できます。

Phaser Editor ウィンドウは、Add Window ポップアップで作成できます。詳しくは、ウィンドウの追加 を参照してください。


Phaser Editor - フェイザー・ステップの作成と操作

左側にあるツールボタンはマウスまたはタッチ用のツール、右側にあるツールボタンは操作機能とショートカットです(後述を参照)。左側で選択されているツールによって、右側の内容は変化します。

左中央にある青いグリッドは、パン範囲全体(水平方向)とチルト範囲全体(垂直方向)を表しています。これは、2Dレイアウトと呼ばれます。

右中央の小さな青いグリッドは、フェイザーにあるすべてのアトリビュートで、複数のステップがあります。この領域は1Dレイアウトと呼ばれます。各ステップは垂直線で表されます。上の画面例では、2ステップの Pan/Tilt が表示されています。ステップ1の値だけなので、Dimmer アトリビュートは表示されません。1D レイアウトに表示されるアトリビュート・ラインの高さを変更するには、ウィンドウ左上隅の MA をタップして Window Settings メニューを開き、LineHeight をタップして希望する高さを入力し Please を押してください。アトリビュート・ラインの左端にあるチェックボックスは、At Filter でのアトリビュートの状態を表しています。黄色のチェックマークは、対応するアトリビュートでの調整が許可されていることを示しています。またチェックを外した灰色のボックスは、調整不可を示しています。詳しくは At Filter を参照してください。

上の画面例では Phaser Editor が、Auto レイアウトで表示されています。タイトルバー、または Window Settings メニューにある Layout ボタンをタップすると、レイアウトを Auto、2D、1D、および Step に切り替えられます。

タイトルバーの AbsRel ボタンで、絶対ポイントや相対ポイントの編集可/不可を切り替えられます。

フィクスチャを選択すると、小さな黄色の十字線でそれらが視覚化されます。Pan/Tilt グリッドのビームの表示は、タイトルバーの Show Beams ボタンで切り替えられます。これがオンの場合、十字線の背後に大きな円でインテンシティと色が視覚化されます。

Pan/Tilt エディタでポイントを追加すると、プログラマにステップが追加されます。フィクスチャは、この最初の絶対ポイントに移動します。2番目の絶対ポイントを追加すると、プロパティにステップ2が追加されます。相対ポイント(塗りつぶしなしの黄色い四角)には、それに関連付けられた絶対ポイント(黄色またはシアンで塗りつぶされた四角)が必要です。相対ポイントと関連する絶対ポイントの間は、細い赤ラインで結ばれています。シアンの絶対ポイントは、その値がプリセットからのものであることを示しています。黄色の絶対ポイントは、プログラマからの値です。

選択されているポイントの周りには黄色い円が表示されます。

フィクスチャのパスは、緑のラインで表示されます。

任意のスプライン・ハンドルを調整することで、各ポイント間の加減速を変更できます。各ポイントには二つのハンドルがあります。各ハンドルは、それが参照しているポイントまでシアンのラインで結ばれています。ポイントにタッチして動かすと、両方のハンドルを一緒に動かせます。ハンドル(小さな黄色い丸)にタッチして動かすと、個別に動かせます。

フェイザーの作成方法については、サインDimmerフェイザーの作成 を参照してください。


Step レイアウト


Step レイアウトで表示された Phaser Editor

Step レイアウトでは、Fixture Sheet と同様の形式でフェイザー・ステップを表示します。ステップは行として、アトリビュートは列項目として示されます。ここには、ステップごとに変化するアトリビュートだけが表示されます。


Tools

左側には以下のツールボタンがあります。


Phaser Editor の左側にあるツールバー
 
ヒント
ツールによっては、2D および 1D レイアウトで正確に位置をタッチして調整する必要はありません。代わりに、Step Bar で目的のステップが有効になっていることを確認し、Phaser Editor の青いグリッド領域をトラックパッドとして利用して、目的の調整を行います。

右側には以下の標準的な操作機能があります。


Phaser エンコーダ・ツールバー

Phaser Editor の現在のレイアウトとウィンドウ内のフォーカスに応じて、エンコーダ・ツールバー は、フェイザー・データの操作に特化した便利なツールを含むものに変化します。

2D エンコーダ・ツールバー

2D Phaser エンコーダ・ツールバーを有効にするには、Phaser Editor の Layout を 2D または Auto に設定し、2D グリッド領域内の任意の場所をタップします。


2D Phaser エンコーダ・ツールバー

このエンコーダ・ツールバーには、以下のエンコーダ・コントロールがあります。

1D エンコーダ・ツールバー

1D Phaser エンコーダ・ツールバーを有効にするには、Phaser Editor の Layout を 1D または Auto に設定し、1D グリッド領域内の任意の場所をタップします。


1D Phaser エンコーダ・ツールバー

このエンコーダ・ツールバーでは、現在のフィクスチャとステップの選択、および At Filter の状態に基づいて、SpeedPhaseTransitionWidth を調整できます。