エンコーダ・ツールバー

エンコーダ・ツールバーは、エンコーダバーで最も大きな部分を占めています。エンコーダ・ツールバーは状況に依存していて、種々のエディタが有効になると、それに応じたコントロールが表示されます。デフォルトでは、アトリビュート・エンコーダ情報へのアクセスと表示のためのコントロールが提供されます。


エンコーダ・ツールバー

エンコーダ・ツールバーで利用できるアトリビュート・コントロールには、以下のものがあります。

  1. フィーチャ・ボタン。このボタンには、現在のフィーチャ名が表示されます。また、現在のフィーチャグループで利用可能なフィーチャの総数も示されます。
    タップして順に切り替えるか、スワイプで開くポップアップ・メニューによって、利用可能なフィーチャを選べます。
    フィーチャやフィーチャグループについては、Feature グループ を参照してください。
  2. アトリビュート・エンコーダ表示。これらのボタンには、エンコーダに現在リンクされているアトリビュート名と、それらのアトリビュート値が表示されます。
    エンコーダ・アイコンの中央には、現在の分解能を表すシンボルが表示されます。詳しくは エンコーダの分解能 を参照してください。電卓を開くには、アトリビュート名やアトリビュート値部分をタップしてください。
    アトリビュートやサブアトリビュートについては、Attribute Definitions を参照してください。
    ユーザ・インターフェースでジェスチャーによって値を変更するには、目的のエンコーダ・アイコンをタップまたはクリックしたまま、必要に応じてポインタを仮想エンコーダの中心から離れた場所に移動させ、変更したい方向にドラッグして仮想エンコーダを中心に円を描きます。円が大きいほどコントロールの分解能が高くなります。
  3. アトリビュートのチャンネル機能。これらのボタンには、右側に直接表示されるアトリビュートの、現在のチャンネル機能が表示されます。また利用可能な場合、追加のチャンネル機能も表示されます。
    利用可能なサブアトリビュートは、タップして順に切り替えるか、スワイプで開くポップアップ・メニューから選べます。
  4. Link ボタン。同じ値、タイミング、フェイザー、または分解能の調整を、複数のアトリビュートに同時適用するために、Link ボタンには、その適用先となるアトリビュートを指定するためのいくつかの選択肢があります。Link ボタンについては、後述を参照してください。
  5. レイヤ・ツールバー。デフォルトのレイヤは Absolute です。任意のレイヤ・ボタンをタップすると、アトリビュート・エンコーダでそのレイヤにアクセスできます。詳しくは後述を参照してください。
  6. 画面エンコーダ。現在の User Profile Settings で Screen Encoder が有効になっている場合、この領域には画面エンコーダの基本機能が表示されます。Screen Encoder が無効になっている場合は、5番目のデュアルエンコーダが他の四つのエンコーダと同様に機能し、この領域に表示されます。画面エンコーダについては、ユーザ設定 を参照してください。
  7. ステップバー。左/右矢印ボタンによって、プログラマのフェイザー・ステップ間を移動できます。ステップ番号ボタンは、プログラマの現在のフェイザー・ステップを表示しています。これをタップすると、特定のステップを選ぶための電卓が開きます。右矢印の右にあるボタンをタップすると、すべてのフェイザー・ステップが選択されます。フェイザー・ステップについては、フェイザー を参照してください。

Link ボタン

Link ボタンは、レイヤ・ツールバーの各レイヤに対するリンク設定や、エンコーダの分解能を保持しています。Link ボタンのテキストは自動的に更新され、現在のレイヤタイプのリンク設定が表示されます。利用可能なリンク設定は、以下の通りです。

Link Values

Value レイヤには以下のものがあります。

Value レイヤが選択されている場合、利用可能なリンクは、Link Values をタップして順に切り替えるか、スワイプで開くポップアップ・メニューから選べます。Value レイヤで利用可能なリンクの選択肢は以下の通りです。

Link Timing

Timing レイヤには以下のものがあります。

Timing レイヤが選択されている場合、利用可能なリンクは、Link Timing をタップして順に切り替えるか、スワイプで開くポップアップ・メニューから選べます。Timing レイヤで利用可能なリンクの選択肢は以下の通りです。

Link Phasers

フェイザー・レイヤには以下のものがあります。

フェイザー・レイヤが選択されている場合、利用可能なリンクは、Link Phaser をタップして順に切り替えるか、スワイプで開くポップアップ・メニューから選べます。フェイザー・レイヤで利用可能なリンクの選択肢は以下の通りです。

Link GridPos

GridPos レイヤが選択されている場合に利用可能なリンクは At Filter だけです。Link ボタンは At Filter ボタンに変わります。これをタップすると、一時的な At Filter ウィンドウが開きます。詳しくは At Filter を参照してください。

Link Resolution

MA キーを押している間、Link ボタンは Link Resolution に変わります。利用可能なリンクは、このボタンをタップして順に切り替えるか、スワイプで開くポップアップ・メニューから選べます。エンコーダの分解能に対して利用可能なリンクの選択肢は以下の通りです。


レイヤ・ツールバー

プリセットとキューは、アトリビュートごとに複数レイヤのデータを保存したり呼び出したりできます。レイヤ・ツールバーでは、利用可能なすべてのレイヤにアクセスできます。レイヤは色分けされています。アトリビュート・エンコーダ表示、フィーチャグループ・ボタン、Fixture Sheet、および Sequence Sheet で色が一致しているマーカとテキスト背景は、対応するレイヤでアクティブまたは保存されたデータを示しています。詳しくは 色表示 を参照してください。

レイヤ・ツールバーでボタンをタップすると、そのレイヤのデータにアクセスできます。また、アトリビュート・エンコーダや、Layer 選択が Auto に設定されているシートには、そのレイヤが表示されます。Value および Timing レイヤについては プログラマとは を、フェイザー・レイヤについては フェイザー を参照してください。また GridPos を用いた MAgic プリセットの作成については、プリセットの新規作成 を参照してください。

ヒント
プログラマがクリアされると、アトリビュート・エンコーダ表示とフィーチャグループ・ボタンの上部にあるバーが灰色になります。セレクションが変更されると、現在利用可能なアトリビュートとフィーチャグループ・ボタンの上部にあるバーの色が変わります。色は、レイヤ・ツールバーの現在のレイヤ色に合わせて調整されます。
デュアルエンコーダの照光色もこれにしたがいます。