At filter

At filter ウィンドウによって、現在のフィルタ設定の確認や変更を行えます。

このウィンドウでオフになっている要素は、フィルタリングされ通過しません。

黄文字のアトリビュートは選択されていて、情報がフィルタを通過できます。

一覧は3列で構成されています。左列には、フィーチャグループ(Feature Groups) が表示されます。隣の列は、そのフィーチャグループにあるフィーチャ(Features)です。残りの列は、そのフィーチャにあるアトリビュート(Attributes)です。 フィーチャやアトリビュートの構造については、Feature グループ を参照してください。

この一覧の要素は、フィクスチャの設定によって変わります。より多くのアトリビュートを持つフィクスチャを追加すると、それらが一覧に追加されます。

このウィンドウは、他のウィンドウと同様にして作成できます(Add Window ポップアップ - More タブ)。詳しくは、ウィンドウの追加 を参照してください。


At filter ウィンドウ - すべて選択

上の画面例では、すべてのアトリビュートとレイヤが選択(黄色)されています。

AT filter ウィンドウのタイトルバーには、以下のようなボタンがあります。

ウィンドウのメインパートには、すべてのアトリビュートとそれらの構造が表示されます。

フィルタ1は All と呼ばれ、すべてのアトリビュートとレイヤが含まれています。構造が変更されると、自動的に更新されます。これは、ロックされていて変更できません。

何かをフィルタリングしたい場合は、この一覧でオフにしてください。オフの要素は、白文字で表示されます。

オン/オフ操作は構造の影響を受けます。フィーチャグループがオフの場合、その中のすべてのフィーチャグループがオフになります。またフィーチャがオフの場合、その中のすべてのアトリビュートがオフになります。

一つのアトリビュートがオンの場合、それが属するフィーチャとフィーチャグループが両方オンになります。