動画

動画は、アピアランスのソースとして利用できます。

動画は、Video プールにインポートできます。


Video プール

Video プールはインポートされた動画を保持しますが、NDI形式によるストリーミング・ビデオソースを利用することもできます。

Video オブジェクトは、アピアランスのソースとして利用できます。詳しくは アピアランス を参照してください。

追加された動画は、アピアランスが使用されているすべての場所でループ再生されます。

制限
動画を再生するには、Menu / Settings / Software Update / EULAThird-Party Software を有効にして同意する必要があります。ボタンは右下隅にあり、これをオンにすると同意のためのポップアップが開きます。
制限
Media プール全体のサイズは、最大200MBに制限されています。

動画のインポート

インポートできるようにするには、動画ファイルが正しいフォルダにある必要があります。 フォルダは /gma3_library/media/videos です。 詳しくは フォルダ構造 を参照してください。

  1. 空の Video プール・オブジェクトを編集します。Edit Video ポップアップが開きます。

Edit Video ポップアップ
  1. Import をタップすると、インポートのための新しいポップアップが開きます。

Select image for import ポップアップ

ここには、動画フォルダにあるすべての動画ファイルが一覧表示されます。

  1. 必要な場合は、タイトルバーの Internal をタップして、選択されているドライブを変更してください。
  2. 目的の動画ファイルをタップすると、それがプレビュー領域で再生されます。表示されない場合は、サポートされていない形式か、サードパーティ・ソフトウェアがアクティブ化されていません。
  3. Import をタップすると、Edit Video ポップアップに戻ります。

Edit video ポップアップ - ファイルを選択

エディタには、動画の幅、高さ、ファイルサイズなどが表示されます。

  1. 必要に応じて名前を編集します。
  2. ファイルがインポートされたら、 をタップしてエディタを閉じます。

NDIソースの利用

動画ファイルをインポートする代わりに、NDIストリーミング・ビデオソースを利用することもできます。

必要条件:

ネットワークにNDIストリームが存在する。

  1. 空の Video プール・オブジェクトを編集します。Edit Video ポップアップが開きます。
  2. Source をタップします。
  3. Select Source ポップアップで NDI をタップします。
  4. Select Source をタップします。Select NDISource ポップアップが開きます。
  5. 目的のNDIソースをタップしてください。リストが空の場合、ネットワークにNDIソースがないか、サードパーティ・ソフトウェアがアクティブ化されていません。
  6. をタップしてエディタを閉じます。

動画付きアピアランスの作成

アピアランスへの動画の追加は、Image プールから画像を追加する場合とほぼ同じです。

違いは、Select Image ポップアップのタイトルバーで ImageSource を "Videos" に変更する必要があることです。

詳しくは アピアランスの作成 を参照してください。