フィルタの作成

フィルタは Filter プールに保存されます。フィルタを作成するには、主に二通りの方法があります。

プール・オブジェクトの一つを編集すると、Edit Filter が開きます。あるいは、アクティブなフィルタで、新しい Filter プール・オブジェクトを保存します。

AT Filter ウィンドウは、現在のフィルタ設定を確認するのに便利です。

プールから作成

Filter プール・オブジェクトを編集すると、AT Filter ウィンドウとほぼ同じメニューが開きます。


Edit Filter ポップアップ

両者の唯一の違いは、メニュー上部にあるいくつかの追加入力フィールドと、下部にあるフィクスチャのパッチ情報フィルタです。

上部のフィールドでは、名前、アピアランス、およびスクリブルを編集できます。また、例えばフィルタがプリセットに割り当てられている場合、このフィルタに関連する要素の一覧を開く List References ボタンも表示されます。

下部にあるパッチ情報フィルタでは、Patch からの情報(Name、ID Type、Fixture Type、Layer、Class)をフィルタとして追加できます。これらの要素については、パッチおよびフィクスチャ設定 を参照してください。 各要素タイプに値を追加できます。これらの値は、ポジティブまたはネガティブ・フィルタとして使えます。ポジティブでは、値を持つフィクスチャがフィルタを通過できます。ネガティブでは、フィルタによってブロックされます。各要素の横には、- ボタンがあります。これをタップするとオン/オフが切り替わります。これが白の場合はポジティブで、値を持つフィクスチャが通過します。黄色の場合はネガティブ(オン)で、それらがブロックされます。例えば、ID TypeFixtureChannel 値を持ち、- が白の場合、二つの ID Type を持つフィクスチャがフィルタを追加できます。他の ID Type はブロックされます。これらのフィルタ・オプションによって、非常に正確なフィルタが得られます。

タイトルバーには、このポップアップを別画面に移動させるためのボタンがあります。

プール・オブジェクトを編集してフィルタを作成するには、以下のようにしてください。

  1. Swipey コマンドを用いるか、コマンドを入力(Filter キーワード)するか、あるいはキー(Group キー)を用いて、フィルタを編集します。
  2. 目的のアトリビュートとレイヤがアクティブになっていることを確認してください。
  3. 必要なパッチ情報フィルタ値を追加します。
  4. 必要なら、Name 欄を編集して名前を付けます。
  5. AppearanceScribble 欄を編集して、アピアランスやスクリブルを割り当てることもできます。
  6. 右上隅の cross をタップしてエディタを閉じます。

既存のフィルタを更新したり変更したりするには、編集機能を使うのが最も簡単です。

アクティブなフィルタから作成

これには AT Filter ウィンドウが必要です。また、Filter プールを表示していると便利です。

  1. AT Filter ウィンドウでフィルタ設定を変更します。
  2. 新しいフィルタを保存するには、Store を押してから空のプール・オブジェクトをタップするか、キーまたはコマンドを用いてフィルタを指定してください(上述のリンクを参照)。