Presets プールビュー

Presets プールビューを画面1で開くには、卓で Preset を押します。

Presets プールビューを画面2で開くには、ビューバーPresets をタップします。


Figure 1: Dimmer Presets プール

このビューには、プリセットタイプバーで選択されているプリセットタイプの Preset プールが表示されます。

利用可能なプリセットタイプごとに、その Preset プールがあります。

Dimmer Presets プールビューに移るには、プリセットタイプバーで DImmer を選びます。

タイトルバーを見ると、どのプリセットビューにいるかが分かります。

現在のビューをピン留めし、動的なビューモードを無効にするには、タイトルバー (Pin) アイコンをタップしてください。Presets プールビューが、プリセットタイプバーでの選択に従わなくなります。

各プリセット・プールには、999個のプリセット・オブジェクトを保存できます。

Presets プールビューをスクロールするには、縦スクロールバーを動かすか、ビューを上下にスライドしてください。

新規オブジェクトを保存すると、名前を付けるように促されます。


Figure 2: オブジェクトの命名

保存されているプリセット・オブジェクトを編集するには、そのオブジェクト・タイルを長押ししてください。

またプリセット・オブジェクトをキーを用いて編集するには、Edit を押してから、そのオブジェクトをタップしてください。

オブジェクトを移動したい場合は、Move を押し、移動したいオブジェクトをタップしてから、空いている移動先の場所をタップしてください。

オブジェクトをコピーしたい場合は、Copy を押し、コピーしたいオブジェクトをタップしてから、空いているコピー先の場所をタップしてください。

コピーされたものであることが分かるように、そのオブジェクト名の末尾には連番が付加されます。

プリセットについての詳細は、プリセットとは および プリセットの使い方 を参照してください。

Preset プール・オブジェクト

最後に選択されたプリセットプール・オブジェクトのタイルには白枠が表示されます。

機能を持たないプリセットは、灰色の文字で表示されます。
例: このプリセットで使われているフィクスチャは、Patch & Fixture Schedule から除かれます。

すべてのプリセットプール・オブジェクトの左上隅には番号が付いています。これはオブジェクト番号です。

例: Preset 3.1 = プリセットプール3 (Gobo)のオブジェクト1

以下に、いくつかのプリセットプール・オブジェクトの例を挙げます。

プリセットのエフェクト

プリセットに保存されているエフェクトは、紫のマーカで表されます。


Figure 3: プリセットに保存されたエフェクト

Position プリセットを除き、一つのプリセットプール・オブジェクトには、エフェクト値または通常の値のいずれかを保存できます。Position プリセットプールでは、エフェクト値と通常の値を一つのプリセットプール・オブジェクトに保存できます。

プリセットに保存されているエフェクトの編集は、Update 機能または Edit 機能で行います。詳しくは、Update キーUpdate コマンド、および Edit キー を参照してください。

エフェクトを含む Position プリセットは、Stomp 機能または Off 機能によってのみ終了することができます。詳しくは、Stomp コマンド および Off コマンド を参照してください。他のすべてのエフェクト・プリセットは、通常の値だけを含む別のプリセット・オブジェクトを選ぶことで終了します。

ヒント
Stomp 機能をプリセットとしてプリセットプールに保存することもできます。詳しくは プリセットの使い方 を参照してください。

Dimmer プリセットの例


Figure 4: Dimmer プリセット

これは、Dimmer プリセット 1.13 (1 = Dimmer Preset プール、13 = オブジェクト13)です。

保存されているディマー値が、パーセントで表示されています。

タイルの右端には、グラフィック表示のためのオレンジ色の調光バーがあります。

Position プリセットの例


Figure 5: Position プリセット

これは、Position プリセット 2.1 (2 = Position Preset プール、1 = オブジェクト1)です。

Position プリセットには、設定されている名前が表示されます。

Gobo プリセットの例


Figure 6: Gobo プリセット

これは、Gobo プリセット 3.6 (3 = Gobo Preset プール、6 = オブジェクト6)です。

ゴボと名前が表示されています。

Color プリセットの例


Figure 7:  Color プリセット - Color Wheel


Figure 8: Color プリセット - Mix Color


Figure 9: Color プリセット - Color Wheel と Mix Color

これは、Color プリセット 4.22 (4 = Color プリセットプール、オブジェクト = タイル22).

Color Wheel からの Color プリセットは円で表示されます。

Mix Color からの Color プリセットは四角で表示されます。

Color Wheel と Mix Color からのものを組み合わせた Color プリセットは以下のように表示されます。

色と名前が表示されます。

All プリセットプール

個別のプリセットタイプに対するプリセットプールに加えて、All プリセットプールというものがあります。

All プリセットプールに移るには、プリセットタイプバーAll をタップするか、ma + 0 と押してください。

All プリセットプールには、上で述べてきたすべてのプリセットタイプの値を含むプリセット・オブジェクトを保存できます。

All プリセットの例


Figure 10: All プリセット - Gobo、Color および Focus

すべての Alpha Spot QWO フィクスチャについて、Gobo、Color および Focus を含めたプリセットを保存したいとします。

  1. Fixtures ビュー で、Alpha Spot QWO フィクスチャを選択します。
  2. Gobo、Color、および Focus を選択します。
  3. Store を押し、プリセットタイプバーAll をタップしてから、空のプリセットタイプ・タイルをタップしてください。

すべての情報を持つプリセット・オブジェクトが、All プリセットプールに保存されます。