MIB の操作

このトピックでは、MIB (Move In Black)の詳細について述べます。初めてMIBを扱う場合は、まず MIB とは を読んでおくとよいでしょう。

MIB値

MIB値は、Sequence Executor シート の MIB 欄に割り当てます。

MIB 欄に "*" (アスタリスク)がある場合、キューでMIBが可能ですが、まだMIB値が指定されていないことを表しています。
MIB値が赤で表示されている場合、 MIB値が指定されていますが、そのキューではMIBを行えないことを表しています。
「MIB の可能性」は、ゼロより大きなディマー値を持つ一つまたは複数のフィクスチャのキュー、ゼロより大きな値ではないディマー値の前状態(= フィクスチャのフェードが終わっている)、 一つまたは複数の付加的アトリビュート(= 事前位置決めのための)、として定義されます。

MIB セルを編集すると、下のようなポップアップが開きます。


Select MIB ポップアップ

先頭に3つのオプションがあり、その後にすべての前キューの一覧があります。ここには、編集前に存在するキューだけが表示されます。

このポップアップで表示されているもの以外に、以下のオプションがあります。

 

コマンドラインによるMIBの設定

MIBはキューパートのプロパティです。その値は標準的な構文で割り当てることができます。

[Channel]> Assign Cue /MIB=late

現在のキューとそのすべてのパートに対して、MIB値 "Late" を割り当てます。


[Channel]> Assign Cue 101 /MIB=99

キュー101に対するMIB値としてキュー99を割り当てます。


[Channel]> Assign Cue 1 Thru 10 / MIB=Off

キュー1〜10のMIBを解除します。


[Channel]> Assign Cue 15  / MIB=-4

キュー15に "-4" というMIB値を割り当てます。キュー11〜15が存在するとして、キュー15への事前位置決めをキュー11で行います。

 

以下のような MIBマクロを用いると便利です。

Assign Cue /mib=off

SetVar $mibvalue=("Please enter MIB")

Assign Cue /mib=$mibvalue

Macro と Please を押すと、現在キューのMIBが解除されます。さらに Macro を押し数値を入力して Please で確定すると、現在キューに対してMIB値が設定されます。

 

MIBタイミング

MIBは、MIB Delay および MIB Fade という2つの全般的なタイム設定を用います。

MIB Delay は、フィクスチャがフェードアウトしてからMIBが開始するまでの待ちタイムです。MIB Fade は、事前位置決めに用いられる実際のタイムです。

変化が遅いディマーや残光のあるフィクスチャに対しては、MIB Delay を大きくするとよいでしょう。また、動作音が大きかったり、動きが観客に対して見苦しくなるようなフィクスチャに対しては、MIB Fade を大きくするとよいでしょう。

これら二つの設定は、Setup -> Show -> Playback  MIB Timing にあります。


全般的なMIBタイミングに加え、Fixture Types Editor によって、MIB Fade を個別に設定したり、フィクスチャタイプ毎の各アトリビュートについてMIBを無効にしたりすることも可能です。また、フィクスチャ毎にMIBを無効にすることもできます。これは Fixture Editor ポップアップで設定できます。

フィクスチャタイプ毎の各「モジュール定義」に対する MIB Delay の設定も可能です。

 

MIBフィードバック

MIB Delay がアクティブか "保留中" の場合、エクゼキュータ・キーのバックライトが速く点滅します。

MIB Fade がアクティブ(フィクスチャが位置決め中)の場合は、エクゼキュータ・キーのバックライトがゆっくり点滅します。

MIB をともなうアトリビュートは、以後のキューから値を得ることを示すために、Fixture シートの ExecutorID および SequenceID レイヤにおいて、通常の背景色(選択されているエクゼキュータに対しては緑、他は黄色)よりも薄暗く表示されます。
色表示については、システム色 を参照してください。

 

落とし穴

MIBを使用している場合、卓は以前のキューからの値をトラッキングするだけではなく、現在以降に対してもトラッキングを行い、まだ実行されていない将来のキューからの値も出力します。そのため、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のように、タイムトラベルのジレンマに陥るかもしれません。

上の例を見ると、フィクスチャは、キュー1において青で点灯し、キュー2で消灯します。そして、キュー4で赤に戻ります。

キュー4で赤にスクロールするのを見えないようにしたいため、このキューの MIB を Early と設定します。

さて、キュー2.5にいるとして、いくらかの変更を加えましょう。

次回このシーケンスを再生したとき、キュー2.5は同じようは見えません。

前回シーケンスを再生したときは、キュー4に対する事前位置決めが行われていたため、フィクスチャ1は赤になっていました。しかし今度は、そのフィクスチャがキュー2.5で使われるため、キュー3でフェードアウトが終わるまで位置決めを行えません。そのため、キュー2.5でフェードが終わったとき、青になります。

こうした問題は、あまり早すぎる事前位置決めを行わないようにし、またキューに大きな変更がある場合は、エクゼキュータのオプションで "MIB Never" を有効にすることによって、最小限にとどめられるでしょう。このオプションについては、エクゼキュータのオプション で述べられています。