キュー・シーケンスの確認

複数のキューを持つシーケンスがある場合、シーケンスを確認したり、アクティブなキューやキュー変化に対する設定を確認したりできると便利です。

実行中のキューを確認する方法はいくつかあります。このトピックで扱うビューでは、キューに保存されている値は表示されませんが、キューが一覧表示されます。キューの内容を確認するには、キュー内容の確認 を参照してください。

Sequence Executor シート

キュー・シーケンスを表示する最も一般的な方法は Sequence Executor シートです。このウィンドウは、Create Basic Window ポップアップで作成できます。


Sequence Executor シート

このシートには多くの列項目があります。それらは、各キューに関する設定、情報、またはアクションです。

シートでは、キューが行によって表されます。

アクティブなキューには、黄色の枠が表示されます。キューがパートに分割されている場合、メインのキューとパートを合わせた全体が黄色の枠で囲まれます。

シートは、関連する列だけを表示するようにカスタマイズしたり、列を好きなように配置したりできます。詳しくは シートでのビューセットの利用 を参照してください。

列の幅は変更できます。マウスポインタを二つの列の境に持ってくると、ポインタに両矢印が表示されますので、左ボタンを押したまま変更したい方向に動かしてください。この間、ポインタの上には、列のサイズを示す白いボックスが表示されます。括弧内は、元のサイズからの変化です。


列幅の変更

変更は画面のタッチでも行えますが、マウスやトラックボールを用いた方が簡単です。

シートのカスタマイズやタイトルボタンの変更は、シートのオプションで行えます。詳しくは シートのオプション を参照してください。

Sequence Executor シートの列項目

このシートには多くの列項目があります。以下は、それらの簡単な説明と、関連するトピックへのリンクです。

シートにすべての列が表示されていない場合は、タイトルバーにある All ボタンをタップしてみてください。このボタンがない場合は、シートのオプションを確認してください(シートのオプション を参照)。

 

一時的な Sequence Executor シート/Executor Editor

Sequence Executor シートは、一時的なビューとして開くこともできます。

これは、Edit キーを押してから、編集したいエクゼキュータに関連付けられたキーの一つを押すことによって表示できます。

また、ミニエクゼキュータの中央部分(下の画面例の赤枠部分)をタップすることでも、これを開くことができます。


Sequence ミニエクゼキュータ

下のようなエディタが表示されます。


Executor Editor

このビューには、Sequence Executor シートにあるすべての列項目と行が表示されます。シートとしてカスタマイズすることはできません。

このエディタには、シートでは利用できないボタンがいくつかあります。

このポップアップを開いている場合、エンコーダ・ツールバーが下のように変わることに注目してください。


エンコーダ・ツールバー - Edit Sequence - ページ1 Basics

ツールバーの上部には、いくつかのボタンと情報が表示されています。

左端には、エクゼキュータ番号、シーケンス番号と名前、キュー番号と名前を表示する、情報ボタンがあります。これは、情報を表示しているだけで、実際にはボタンではありません。
その隣にあるのは、編集モードに入ったり終了したりするためのボタンです。これによって、エンコーダ・ツールバーも変化します。
その後には、シーケンスの再生を制御するための六つのボタンがあります(キューの再生 を参照)。
右端のボタンは、下部のエンコーダ部分のページを切り替えるために用いられます。

上の画面例では、"Basics" という最初のページが表示されています。四つのエンコーダには、Trigger、Trig Time、Mode、Loop が割り当てられ、これらによって、選択されているキュー(行)の設定を変更できます。

次のページは、"Fade Delay" と呼ばれます。


エンコーダ・ツールバー - Edit Sequence - ページ2 Fade Delay

ツールバーの上部は同じで、変わるのは下のエンコーダ部分だけです。

エンコーダは、Fade、Out Fade、Delay、および Out Delay を制御します。

3ページ目は、"Part cont." と呼ばれます。


エンコーダ・ツールバー - Edit Sequence - ページ3 Part cont.

エンコーダは、Snap Percent、CMD、CMD Delay、および Info を制御します。

 

シーケンスの編集

キュー・シーケンスを表示する最後の方法は、シーケンスを編集することです。

これは、コマンドラインから Edit Sequence [番号] という構文によって行います。

キーを用いるか、コマンドラインに入力してください。

これによって、Sequence Editor ポップアップが表示されます。


Sequence Editor ポップアップ

このポップアップは、上下二つの部分に分かれています。

上の部分は、シーケンスに関して変更可能なすべての設定です。これらについては、キューおよびシーケンスとは で述べられています。

下の部分には、Sequence Executor シートにあるすべての列項目と行が一覧表示されます。背景が灰色のセルは、すべて編集できます。