システムのリモートコントロール

grandMA2 をリモートコントロールするには、いくつかの方法があります。

このセクションでは、それらについて説明します。

Setup の リモート入力 に関するパートでは、接点、MIDIノート、DMX によって動作をトリガーするための設定を行えます。

MIDI Show Control (MSC) を利用すると、より複雑な動作が可能になります。これによって、キュー、マクロ、フェーダの制御、エクゼキュータのオフなどをトリガーできます。

Webリモート は、フィクスチャやキューのフィードバックを制御・表示できるブラウザ・インターフェースです。

Telnet 接続によって、grandMA2 で任意のコマンドを実行することもできます。例えば制御システムにサードパーティのコントローラを用いるような場合に役立ちます。

 

最後に、便利な 10進-16進変換表 もあります。