エクゼキュータやシーケンスに対するワールドまたはフィルタの適用

ワールドやフィルタは、エクゼキュータまたはシーケンスに割り当てることができます。

ワールドやフィルタについてよく分からない場合は、まず ワールドとはフィルタとは を読んでください

Playback フィルタ

エクゼキュータにワールドやフィルタを割り当てると、エクゼキュータがシーケンスを実行するときに、そのワールドやフィルタが用いられます。

例えば、シーケンスに Color と Dimmer 値が保存されているとします。そのシーケンスを持つエクゼキュータに Color 情報を渡すことを許可しないフィルタを割り当てていると、Color 色情報は実行されず、Dimmer 情報だけが実行されます。この場合、シーケンスから Color 情報が削除されるわけではありません。

これは、Playback フィルタ と呼ばれます。Playback フィルタは、レイヤ(Value、Value Times および Effects)によってではなく、アトリビュートによって動作します。

ワールドでは、Effect レイヤだけを含むワールドを適用するとすべてが再生されますが、フィクスチャ1だけを持つワールドではフィクスチャ1に対する値だけが再生されます。

一方フィルタでは、タイミング・レイヤだけを含むフィルタを適用するとすべてが再生されます。フィルタを用いると、エクゼキュータから再生されるアトリビュートをフィルタリングできます。

Input フィルタ

ワールドやフィルタをシーケンスに割り当てると、シーケンスに値を追加(保存または更新)するときに、そのワールドまたはフィルタが用いられます。

例えば、シーケンスに、いくつかのフィクスチャだけを含むワールドが割り当てられていとします。プログラマに、それらのフィクスチャの値だけでなく、他のフィクスチャの値もあった場合、シークエンスに新しいキューを保存すると、割り当てられているワールドのフィクスチャの値だけが保存されます。

これは Input フィルタ と呼ばれます。

Input フィルタはシーケンスに適用されるため、このシーケンスを用いるすべてのエクゼキュータにおいても適用されます。

ワールドやフィルタの割り当て

Assign キー(後述を参照)を用いるか、関連するエクゼキュータの Assign メニューを開いて、ワールドやフィルタを割り当てられます。

Assign メニューを開くには、Assign キーを押してから、関連するエクゼキュータの任意のキーを押してください。メニューが開きますので、右側にある Options ボタンを選択します。


Assign メニュー - Options

このメニューには、多くの設定とオプションが含まれていまが、ここで関係するのは、Playback 列と Tracking 列に一番下にある二つのボタンです。

これらの一つをタップすると、Select Playback Filter ポップアップまたは Select Input Filter ポップアップが開きます。


Select Playback Filter ポップアップ

このポップアップには、ショーファイル内にあるすべてのワールドやフィルタが一覧表示されます。一覧の先頭には "No Filter" オプションがあり、これによって Playback または Input フィルタを削除できます。

フィルタの設定が終わったら、Assign メニューを閉じてください。

 

Assign キーを用いて、フィルタを直接割り当てることもできます。

Playback フィルタ:

  1. World または Filter プールを表示します。
  2. Assign キーを押します。
  3. 割り当てたい World や Filter をタップします。
  4. ワールドやフィルタを割り当てたいエクゼキュータのボタンを押してください。

Input フィルタ:

  1. World または Filter プールを表示します。
  2. Sequence プールを表示します。
  3. Assign キーを押します。
  4. 割り当てたい World や Filter をタップします。
  5. ワールドやフィルタを使いたいシーケンスをタップしてください。

 

もちろん、コマンドラインを用いて、Assign Filter 7 Sequence 8 などと入力することもできます。

 

ミニエクゼキュータでは、フィルタの一方または両方が適用されているかを確認できます。Playback フィルタではエクゼキュータ番号、Input フィルタではシーケンス番号の背景色で表示されます。

詳しくは シーケンス・ミニエクゼキュータ を参照してください。