シーケンス・ミニエクゼキュータ

エクゼキュータにシーケンスが割り当てられると、ミニエクゼキュータに関連情報が表示されます。


ミニエクゼキュータ - シーケンス

上の画面例では、シーケンスが割り当てられた3つのフェーダ・エクゼキュータと、シーケンスが割り当てられた一つボタン・エクゼキュータが表示されています。

黄色の枠は、エクゼキュータにシーケンスが割り当てられていることを表しています。

ミニエクゼキュータは、上、中央、下の三つの部分に分かれています。

上部

上部には、情報が2行表示されています。

最初の行の左端にあるのは、エクゼキュータ番号です。この番号の背景色が異なる場合、Playback フィルタが適用されています(エクゼキュータやシーケンスに対するワールドまたはフィルタの適用 を参照)。

この隣には、以下のような種々の文字や記号が表示されます。

種々の優先度については、キューの再生 で述べられています。

右端にあるのは、シーケンス番号 です。この番号の背景色が異なる場合、Input フィルタが適用されています(エクゼキュータやシーケンスに対するワールドまたはフィルタの適用 を参照)。

上部の2行目は、シーケンス名です。

背景色は、以下のように様々な意味を持ちます。

 

中央部分

中央部分には、通常一つまたは三つのキューが表示されます。シーケンスにキューが一つしかない場合は一つ、複数のキューがある場合は3行で表示されます。

一番上の行は、前にアクティブだったキュー、あるいは GoBack が実行されたときにアクティブになるキューです。
中央のキューは、現在アクティブなキューです。アクティブなキューがない場合、空欄になります。
一番下の行は、Go が適用されたときにアクティブになる次キューです。

キューがアクティブな場合は、青背景になります。キューがフェードインしていると、青の背景が左から右へと変化していきます。

この部分をタップすると、一時的な Sequence Executor ウィンドウが開きます。

 

Locate コマンドによって見つかったエクゼキュータには、下のように、赤背景で "HERE" と表示されます。


見つかったシーケンス

 

下部

下部分の表示は、物理的なキーとフェーダを模したものです。

この部分は、フェーダ・エクゼキュータやボタン・エクゼキュータに割り当てられているシーケンスによって異なります。

左側には、エクゼキュータがボタン・エクゼキュータかフェーダ・エクゼキュータかよって異なるものが表示されます。
ボタン・エクゼキュータの場合、シーケンスのインテンシティ・マスターが表示されます。
フェーダ・エクゼキュータの場合、設定内容によって、マスターの種類や優先度が表示されます。そして、現在のフェーダ位置が表示されます。

エクゼキュータに Playback マスターが割り当てられていると、下の例のように、左側部分が二つに分割されます。


ミニエクゼキュータ - シーケンス - Playback マスター

詳しくは Playback マスター を参照してください。

 

右側には、物理的ボタンの数に応じて、三つまたは一つの四角が表示されます。四角内のラベルは、キーの機能を表しています。grandMA2 onPC では、クリックしたり、実際の物理キーと同じように押したりできます。

 

幅広のエクゼキュータ

エクゼキュータは、最大で五つ分の幅に渡る場合があります。上部と中央部分はそのまま同じですが、下部には、そのシーケンスに関連付けられている数分のフェーダとキーが表示されます。


二つ分の幅のエクゼキュータ

エクゼキュータ幅の変更方法については、機能の割り当て を参照してください。