マーカ色

マーカは、バー、四角形、あるいは細いラインによる色表示です。
マーカは以下の場所で表示されます。

Fixture シートの Name 列には、フィクスチャのすべてのアトリビュート・マーカの概略が表示されます。

以下のようなマーカがあります。

赤:


赤のマーカ

赤のマーカは、アクティブなプログラマ値(保存可能)を表しています。

ピンクと赤:


ピンクと赤のマーカ

ピンクに赤が並ぶマーカは、プログラマでアクティブなエフェクト値(保存可能)を表しています。

大きい青緑:


青緑の大きなマーカ

青緑の大きなマーカは、Fixture シートにおいて、プログラマ内のプリセット値を表します。
また、Sequence Tracking シートでは、シーケンスのプリセット値を表します。

小さい青緑 (Sequence Tracking シートを除く):


青緑の小さなマーカ

青緑の小さなマーカは、シーケンスからのプリセット値を表します。

青:


青のマーカ

青のマーカは、マーカの大きさにかかわらず、パークされた値を表します。

大きいピンク:


ピンクの大きなマーカ

ピンクの大きなマーカは、エフェクト値を表します。

小さいピンク:


ピンクの小さなマーカ

ピンクの小さなマーカは、Stomp されたエフェクト値を表します。このエフェクトについては、Stomp キーワード を参照してください。

白:


白のマーカ

白のマーカは、保存できないプログラマ値を表します。

緑:


緑のマーカ

緑のマーカは、プログラマ内でアクティブ(保存可能)な個別フェードタイムを表します。

ピンク、赤、緑:


ピンク、赤、緑のマーカ

左からピンク、赤、緑と並んだマーカは、プログラマ内でアクティブなエフェクト・フェードタイムを表します。

オレンジ:


オレンジのマーカ

オレンジのマーカは、プログラマ内でアクティブ(保存可能)なディレイタイムを表します。

ピンク、赤、オレンジ:


ピンク、赤、オレンジのマーカ

左からピンク、赤、オレンジと並んだマーカは、プログラマ内でアクティブなディレイタイムを表します。

小さい黄:


黄色の小さなマーカ

黄色の小さなマーカは、Fixture シート、Channel シート、または Layout View において、シーケンスからの値を表します。

大きい黄:


黄色の大きなマーカ

黄色の大きなマーカは、Sequence Tracking シートや Sequence Content シートにおいて、保存されている値を表します。

灰:


灰色のマーカ

灰色のマーカは、少なくとも一つのフィクスチャ・アトリビュートがDMXプロファイルを使用していることを表します。このマーカは、Output レイヤでのみ表示されます。

紫:


紫のマーカ

紫のマーカは、ビットマップ・フィクスチャで計算されたアトリビュートであることを表しています。


プール・オブジェクトのマーカ色

プールオブジェクト・マーカはプール・オブジェクトで用いられ、どのような値がプール・オブジェクトに保存されているかを、プリセット・プールや Filter プールで表示します。
詳しくは フィルタとは および プリセット・プール を参照してください。

黄色のプールオブジェクト・マーカ:


黄色のプールオブジェクト・マーカ

黄色のプールオブジェクト・マーカは、アトリビュート値がそのプール・オブジェクトに保存されていることを表しています。

重要
プール・オブジェクトか単に値を含んでいるだけの場合には、黄色のマーカは表示されません。

ピンクのプールオブジェクト・マーカ:


ピンクのプールオブジェクト・マーカ

ピンクのプールオブジェクト・マーカは、エフェクト値がそのプール・オブジェクトに保存されていることを表しています。

緑のプールオブジェクト・マーカ:


緑のプールオブジェクト・マーカ

緑のプールオブジェクト・マーカは、個別フェードタイムがそのプール・オブジェクトに保存されていることを表しています。

オレンジのプールオブジェクト・マーカ


オレンジのプールオブジェクト・マーカ

オレンジのプールオブジェクト・マーカは、個別ディレイタイムがそのプール・オブジェクトに保存されていることを表しています。


マーカの形

バー:


バー形のマーカ

マーカがバー形で表示されている場合、その色にかかわらず、値がプログラマ内にあることを表しています。

四角:


四角形のマーカ

マーカが四角形で表示されている場合、その色にかかわらず、値が再生中であることを表しています。

細いライン:


細いラインのマーカ

マーカが細いラインで表示されている場合(この例では、値の左上隅の青緑ライン)、その色にかかわらず、その値がトラッキングされていることを表しています。


マーカの有効/無効化

マーカの有効/無効は、切り替えられます。デフォルトでは、マーカが有効になっています。

マーカの切り替えは、以下のシートで行います。

をタップし、Display  タブを選び、Enable MarkerOn / Off を切り替えてください。

Layout View の場合は、 をタップし、Layout Data タブを選び、MarkerYes / No を切り替えてください。

マーカの有効/無効が切り替わります。設定を保存するには、デフォルトとして保存するか、ビューに保存してください。