キューの再生

キューはシーケンスに保存されます。またすべてのシーケンスは Sequence プールに保存されています。

キューがアクティブだと、そのシーケンスがプール内でアクティブになります。

シーケンスを再生せずにキューを実行することはできません。

エクゼキュータは、シーケンスを簡単に再生するためのコントロールです。またシーケンス以外の再生やトリガーも可能です。

キューを再生するために、シーケンスをエクゼキュータに関連付ける必要はありません。

 

再生に関するコマンド

再生操作では、多くのキーワードを利用できます。それらはすべて、Help コマンドで一覧表示されます。

シーケンスの再生でよく使われるキーワードには以下ようなのものがあります(詳しくは各リンク先を参照)。

これ以外にも、多くの有用な機能があります。

これらの機能は、簡単にアクセスできるように、エクゼキュータ・キーに割り当てることができますが(エクゼキュータへのオブジェクト割り当て を参照)、そのシーケンスに直接送ることも可能です。例えばシーケンス6のキュー4に移りたい場合は、以下のようなコマンドを使えます。

User name[Fixture]> Goto Cue 4 Sequence 6

シーケンスとキューの指定順は問わないため、以下のようにすることもできます。

User name[Fixture]> Goto Sequence 6 Cue 4

システムは直前の例のように解釈し、Command Line History ウィンドウにはその応答が表示されます。

OK: Goto Sequence 6 Cue 4

エクゼキュータがシーケンスを処理している場合、再生コマンドをエクゼキュータに送ることもできます。

User name[Fixture]> Go Executor 101

これにより、エクゼキュータ101に割り当てられたオブジェクトに、Go コマンドが送られます。このオブジェクトがシーケンスの場合、次キューがトリガーされます。

シーケンスの優先度

複数のシーケンスが、同じフィクスチャ・アトリビュートに影響を与える場合、その優先度が重要になります。Priority 設定は、シーケンスのプロパティです。

設定を行うには、Assign キーを押してから、そのシーケンスが割り当てられているエクゼキュータ・キーの一つを押してください。Assign メニューが開きます。左側にある Edit Settings をタップすると、シーケンスで利用できるすべての設定が表示されます。 この設定は、Sequence Sheet のタイトルバーにある Settings をタップすることでも開けます。すべての設定については、Sequence Settings を参照してください。

Priority 設定は、Playback セクションにあります。タップすると種々の優先度が切り替わり、またスワイプすると小さな選択ポップアップが開きます。


Select Priority ポップアップ

以下は、利用可能な Priority プロパティの簡単な説明です。

LTP は、最もよく使われる Priority 設定の一つです。シーケンスによって異なる優先度を設定できるように、5段階のLTP優先度があります。

ポップアップのリストも優先度順です。一番上の Super が絶対的な最高優先度を、また、HTPのシーケンスはLTPのものよりも高い優先度を持っています。

Soft LTP

このオプションは、値が元のシーケンスから新しいシーケンスに移る際に、インテンシティがどのように変化するかに関係するものです。

あるアトリビュートにキューからの値があり、同じLTP優先度を持つ別のシーケンスのキューが同じアトリビュートに新しい値を送り始める場合、Soft LTP は、古い値から新しい値への遷移に影響を与える可能性があります。これは、新しいシーケンスのマスターを動かして新しい値を適用する場合にのみ関係します。Soft LTP がオフの場合、アトリビュートは古い値から新しい値にジャンプし、マスターの位置に応じた値になります。Soft LTP がオンの場合、マスターをクロスフェーダとして用い、古い値から新しい値にフェードします。

重要
両方のシーケンスがアクティブで、同じアトリビュートに値を送っている必用があります。シーケンスの Auto StartAuto Stop は、デフォルトでオンになっています。これらがオフになっている場合、Soft LTP 機能が遷移に影響を与えるには、手動でオンにする必要があります。
Master フェーダが両方とも100%の場合、Soft LTP は機能しません。

  1. Dimmer アトリビュートを持つフィクスチャをパッチします。
  2. Dimmer 値を50%にし、これを新しいシーケンスに保存します。これのシーケンスを "Original" と呼びます。
  3. Dimmer 値を100%にし、これを新しいシーケンスの新しいキューとして保存します。これを "New" と呼びます。
  4. シーケンス "New" のマスターとして、エクゼキュータ・フェーダを割り当てます。
  5. シーケンス "New" で Auto StartAuto Stop 設定を有効にします。
  6. Fixture Sheet を開き、Output レイヤを表示するように設定しておきます。
  7. シーケンス "Original" でキューを実行し、シーケンス "New" のマスターをゼロにします。Dimmer 値は50%になるはずです。
  8. そして、マスターをゼロからゆっくり上げていき、出力値の変化を確認します。

Soft LTP がオンの場合: マスターを100まで上げていく間、Dimmer は50%から100%までフェードします("Original" 値から "New" 値にフェード)。

Soft LTP がオフの場合: Dimmer は、マスター位置によって決まる値にジャンプし、マスターにしたがって上がっていきます("Original" 値から "New" 値にジャンプ)。

  1. 今度は、フェーダをゆっくりとゼロまで下げていきます。

Soft LTP がオンの場合: Dimmer は100%から50%にフェードします("New" 値から"Original" 値へ)。

Soft LTP がオフの場合: Dimmer 値はマスターとともに0%までフェードしていき、シーケンスがオフになると50%にジャンプします("New" のマスター位置でフェード、オフで "Original" にジャンプ)。