タイムコード・スロットとは

タイムコード・スロットは、タイムコード信号を時間(h)、分(m)、秒(s)、およびフレーム(f)として解釈する統合インターフェースです。
grandMA3 は、最大八つの異なる外部タイムコード信号を同時に受信できます。

スロットは、Timecode Slots プールにあります。プールについては、プール・ウィンドウ を参照してください。

Timecode Slots プールの設定については、ウィンドウの設定 を参照してください。

Clock

タイムコード・スロットのタイムを表示するために Clock を利用できます。

Clock ウィンドウを開きます。詳しくは ウィンドウの追加 を参照してください。

Clock についての一般的な事柄については、システム - Clock を参照してください。

  1. Clock ウィンドウのタイトルバーで、ClockSourceTimecode に切り替えます。
  2. タイムコード・スロットを選択するには、Clock のタイトルバーで Slot をタップしてください。
  3. <Selected> を選ぶと、Timecode プールで選択されているスロットのタイムが表示されます。

Clock ウィンドウのボタンは、外部レセプタ(例: メディアサーバ)に送られるタイムコード・スロット信号を制御するために利用できます。
内部信号は、MIDIおよびSMPTEを介して送れます。SMPTE Mode または MIDI Mode を Out に設定し、信号を出力するスロットを選択してください。設定については DMX入出力 - DMXポートの設定 を参照してください。

重要
タイムコード・スロットの設定は、ショーファイルに含まれません。そのため、それらがショーファイルで他の卓に送られることはありません。
重要
八つのタイムコード・スロットはハードコーディングされているため、追加、コピー、削除、移動はできません。ただし、編集は可能です。
重要
ArtTimeCode は、Art-Net を介してタイムコード・スロットに送信できます。詳しくは イーサネットDMX - Art-Net メニュー を参照してください。

Timecode Slots プール

タイムコード・スロットを編集するには、Swipey コマンドを用いるか Edit を押してから、そのオブジェクトをタップしてください。Edit TimecodeSlot ポップアップが開きます。


タイムコード・スロットの編集
重要
・PreRoll と AfterRoll は、主に外部信号に対して用いられます。
・Generator Start/End Time は、主に内部信号に対して用いられます。

PreRoll:
卓がタイムコードとして用いるまでに必要とする受信信号の長さです。

AfterRoll:
外部信号が停止すると、タイムコードが AfterRoll として内部的に継続されます。例えば10秒に設定した場合、外部信号が停止しても、さらに10秒間はタイムが進みます。

Appearance:
Timecode Slots プールのオブジェクトにアピアランスを設定します。このアピアランスは、Timecode ウィンドウのタイトルバーにあるカーソル・ボタンの背景にも適用されます。これによって、タイムコード・ショーが信号を取得しているタイムコード・スロットをすぐに確認できます。詳しくは タイムコードの設定 を参照してください。

Time display format:
タイム表示に日を含めるか、時間だけにするかを選択します。それぞれについて2種類の形式があります。

Generator Start Time:
内部タイムコード・ジェネレータの開始タイムです。

Generator End Time:
内部タイムコード・ジェネレータが停止するタイムです。

AfterRoll Color:
外部信号が中断され AfterRoll になっているのを示すためのタイムコード・スロット色です。

Off Color:
信号入力がない場合(Clock 停止)の Clock の色です。

Generator Looped:
内部タイムコードを繰り返します。

Generator frame Unit:
生成される信号のフレームレイトを設定します。

External source Color:
外部タイムコード・ソースに対する Clock の色です。

Generator Color:
内部タイムコード・ソースに対する Clock の色です。