タイムコード・スロットとは

grandMA3 は、最大八つの異なる外部タイムコード信号を同時に受信できます。

Timecode Slots は、Pools タブにあります。

詳しくは プール・ウィンドウ を参照してください。

Timecode Slots プールの設定については、ウィンドウの設定 を参照してください。

重要
タイムコード・スロットの設定は、ショーファイルの一部ではありません。そのため、例えばUSBフラッシュ・ドライブを用いても、ショーファイルで他の卓に送られることはありません。
重要
八つのタイムコード・スロットはハードコーディングされているため、追加、削除、移動はできません。編集は可能です。
重要
・今のところ、内部信号はMIDIおよびSMPTE経由で送信できます。設定については DMX入出力 - DMXポートの設定 を参照してください。
・Art-Net を介して、ArtTimeCode をタイムコード・スロットに送信できます。 設定については イーサネットDMX - Art-Net メニュー を参照してください。

Timecode Slots プール

タイムコード・スロットを編集するには、Timecode Slot オブジェクトを長押しするか、Edit を押してからオブジェクトをタップしてください。Edit Timecode Slot ポップアップが開きます。


Edit Timecode Slot
重要
・PreRoll と AfterRoll は、主に外部信号に対して用いられます。
・Generator Start/End Time は、主に内部信号に対して用いられます。

PreRoll:
卓がタイムコードとして用いるまでに必要とする受信信号の長さです。

AfterRoll:
外部信号が停止すると、タイムコードが AfterRoll として内部的に継続されます。例えば10秒に設定した場合、外部信号が停止しても、さらに10秒間タイムが進みます。

Generator Start Time:
内部タイムコードについて設定されている開始タイムです。

Generator End Time:
内部信号が停止するタイムです。

AfterRoll PixelColor:
外部信号が中断され AfterRoll になっているのを示すためのタイムコード色です。

Generator Looped:
内部タイムコードを繰り返します。

Generator Time Unit:
生成される信号のフレームレイトを設定します。

Appearance:
Clock、および Timecode Slots プール・オブジェクトの色を設定します。


Clock

Clock で、内部/外部のタイムコード・スロットのタイムを表示できます。

一般的な事柄については、More - Clock を参照してください。

ヒント
外部信号は、内部信号をオーバーライドします。
  1. ClockSource ボタンを Timecode に切り替えます。
  2. タイムコード・スロットを選択するには、Clock のタイトルバーにある Slot をタップしてください。

Clock がタイムコード・スロット用に設定されます。