DMX Sheet

このトピックの目次

DMX Sheet は、システムからの実際のDMX出力を表示します。これは、シーケンス、プログラマ、マージされたDMX入力、および出力を制限するマスターからの結果を示しています。

シートは、画面の空いている場所にウィンドウとして作成できます。最少サイズは、幅1.5、高さ2マスです。他のウィンドウと同様にして作成できます(ウィンドウの追加 を参照)。


DMX Sheet - パッチされたフィクスチャ
 

このウィンドウのメインパートには、すべてのDMXアドレスがマスとして表された一覧が表示されます。1024のすべてのユニバースがあるため、非常に長い一覧になります。

左側の最初の列は、2列目に対するラベルです。

アドレス表示には、絶対DMXアドレスと、通常のユニバースとアドレスに分割する二通りの方法があります。これは、Sheet Settings で切り替えられます。絶対アドレスモードでは、DMXアドレスが連番で表示されます。例えば、2番目のユニバースの最初のアドレスは "2:001" ではなく "513" になります(最初のユニバースから512アドレス + 2番目から1)。

一番上の行には列番号が表示されます。グリッドは行列形式になっているので、垂直バーに表示されるアドレスに列番号を加える必要があります(最初の列を除く)。

各マスには、以下の3種類の情報を表示できます。

これらの要素は、Mask 設定で個別にオン/オフにできます(後述の Sheets Settings を参照)。

フィクスチャが複数のDMXチャンネルに渡っている場合、最初と最後のアトリビュート/DMXチャンネルのマスで角が丸くなります。また、異なるフィクスチャを示すために、陰影の異なる灰色で背景色が交互に変わります。


DMX Sheet の詳細

上の画面例では、4台の RGB LED フィクスチャがパッチされています。選択されているフィクスチャ(FID 21)では、アトリビュートと FID/CID の文字色が黄色になります。

左端の列でフィクスチャの文字色が赤になっている場合、そのチャンネル/ユニバースは許可されていません。より多くのパラメータが必要な場合は、パラメータ数の拡張 を参照してください。

カーソルを移動すると、そのマスに関する情報がウィンドウ下部のテキスト行に表示されます(上の画面例を参照)。

二つの画面例は、DMX Sheet における二通りの値表示方法を示しています。最初は Background、2番目目は Bar と呼ばれ、Sheet SettingsLevelbarで切り替えたりオフしたりできます。

ウィンドウのタイトルバーにはいくつかのボタンがあります。

Only Selected は、最初に選択されたフィクスチャのユニバースに移ります。Address というボタンには、強調表示されているマスのアドレス番号が表示されます。これをタップすると入力ボックスが開き、入力した新しいアドレスに移動できます。

Universe というボタンには、現在のユニバース番号が表示されています。これをタップすると入力ボックスが開き、入力した新しいユニバースに移動できます。また、左右にある矢印で前後のユニバースに移動できます。

タイトルバーにある最後の Readout ボタンでは、値の表記方法を変更できます。Percent、Decimal、または Hex という選択肢があります。

Sheet Settings

DMX Sheet には、データをどのように表示するかを指定するいくつかの設定があります。

ウィンドウの左上隅にあるMAロゴをタップすると、設定が開きます。デフォルトでは Display タブになります。


DMX Sheet Settings - Display タブ

これらの設定の中には、他のウィンドウと共通する一般的なものもあります。それらについては、ウィンドウの設定 を参照してください。

いくつかの設定は、DMX Sheet 専用のものです。以下は、それらのついての簡単な説明です。

Mask タブには、ValueAttributeID という三つのオン/オフボタンがあります(上述を参照)。

DMXテスター

DMXテスターによってDMXチャンネルに出力することができます。

これは、今のところ DMXAddressDMXUniverse キーワードを用いてコマンドラインから行います。

DMXチャネルがDMXテスターの影響を受けている場合、値の背景色が白になります。