DMX Universes

DMX Universe プールには、システムが扱える1024ユニバースがすべて表示されます。

プールは、他のウィンドウと同様にして作成できます。詳しくは、ウィンドウの追加 を参照してください。


DMX Universe プール

各プール・オブジェクトが、一つのDMXユニバースです。

全体が把握しやすいように、ユニバースには名前を付けられます。

プール・オブジェクトには、そのユニバースに関する情報が表示されています。

プール・オブジェクトの上部には、色付きのバーがあります。そのユニバースが要求され、許可されている場合、このバーは緑になります。DMXデータが出力されていると、明緑色で点滅します。要求されていても許可されていない場合は、赤になります。

ユニバースがDMXポートに割り当てられている場合、小さなポート・アイコンが表示されます。アイコンの色はポートの設定によって異なります。出力の場合は緑、入力ではオレンジ、またRDMが有効な出力ではシアンになります。

ユニバースが sACN で出力されている場合は S と、Art-Net の場合は A と黒文字で表示されます。DMX出力値が更新されると、これが緑で点滅します。上の画面例のユニバース3と4を見てください。

また、DMXデータが Art-Net からユニバースにマージされている場合、暗オレンジの文字で Art-Net In と、sACN からマージされている場合は sACN In と表示されます。入力信号があると、これがオレンジで点滅します。上の画面例のユニバース5と6を見てください。

DMXポートの設定、および Art-Net と sACNの設定方法については、DMX入出力 を参照してください。

プール内でユニバースを移動すると、フィクスチャ・パッチに対するユニバースも変更されます。

ユニバースは、プールでタップするか、DMXUniverse キーワード とともに Select キーワード を用いることで選択できます。DMX Sheet では、Sheet Settings にある Universe 設定によって、選択されているユニバースだけを表示するようにできます。