DCリモート入力の接続

grandMA3 卓、onPC command wings、および I/O Node で DCリモート入力を利用するには、光バリアセンサーや押ボタンなどのメーク接点スイッチを接続します。

詳しくは Remote キーワード および リモート入力 を参照してください。

ヒント
セッション内で最大64の入力チャンネルを使用できます。
ヒント
ポテンショメータ(0〜+10V DC)を接続した grandMA3 卓や I/O Node によって、Master Fader を連続的に変化させることができます。
onPC 製品では、オン/オフは切り替えられますが、フェードはしません。

スイッチを構成するには、以下の2通りの方法があります。

  1. grandMA3 卓または I/O Node のピン5からの +10V DC を利用。
    ― または ―
    grandMA3 onPC command wing や command wing XT では +5V DC を利用。
  2. 外部電源(grandMA3 卓または I/O Node では +10V DC、grandMA3 onPC command wing および command wing XT では +5V DC)から供給、電源グランドは機器の共通グランドピンに接続。

+10V DC電源を、無電圧接点(スイッチ、ブザー、人感センサー、その他の接点デバイス)を介して、入力ピン1〜4または6〜8に接続してください。

回路例


ポテンショメータ(0〜+10V DC)

スイッチ(+10V DC)

スイッチ(+5V DC)
重要
grandMA3 卓または I/O Node のピン配置:

grandMA2 卓または I/O Node には 9ピンD-sub コネクタがあり、七つのリモート入力が可能です。
ピン1 〜 4 = 入力チャンネル1、2、3、4
ピン5 = +10V DC : grandMA3 卓または I/O Node / +5V DC : grandMA3 onPC command wing および command wing XT
ピン6 〜 8 = 入力チャンネル5、6、 7
ピン9 = 共通グランド

DCリモート入力が接続されます。


grandMA3 full-size (CRV) および light (CRV) 背面パネル - DC Remote In

grandMA3 compact (XT) 背面パネル - DC Remote In

grandMA3 onPC command wing 背面パネル - DC Remote In

grandMA3 I/O Node 背面パネル - DC Remote In

grandMA3 I/O Node DIN-Rail 背面パネル - DC Remote In

 

D-Sub コネクタのピン配置については、コネクタのピン配置 を参照してください。