Store キーワード

Store キーワードをコマンドラインに入力するには、以下のいずれかを行ってください。

説明

Store は、ショーファイルにオブジェクトを保存するための機能キーワードです。

オブジェクト・タイプやデスティネーションが指定されていない場合、選択されているシーケンスに対して、オブジェクト・タイプ Cue が用いられます。

構文

Store [Object] "名前" / [オプション] [オプション値]

オプション

Store キーボードには、以下のオプションがあります。

オプション ショートカット 説明
CreateSecondCue Cr なし シーケンスにキューが一つしかない場合、キューを次の整数番号で保存します。
Merge m なし 既存値に新しい値をマージします。新しい値の方が優先度が高く、既存値は上書きされます。新しい値が与えられない場合は、既存キューの値が保持されます。
Noconfirm nc なし 確認ポップアップを出しません。
Overwrite o なし キューに保存されている値を削除して、新しい値を保存します。
Remove なし なし アクティブなプログラマ値を持つアトリビュートについて、保存値を削除します。
Screen なし 1〜6 選択されている画面でビューを View プールに保存します。
 

User name[Fixture]> Store 2

詳しくは キューの保存 を参照してください。

 

User name[Fixture]> Store Cue 1 Thru 10 + 20 Thru 30

 

User name[Fixture]> Store Sequence 8 Cue 20 /overwrite
User name[Fixture]> S Seq 8 Cu 20 /o

 

User name[Fixture]> Store Cue 42 "Return of the Paranoid Android"

 

User name[Fixture]> Store View 1 /Screen "2"