/Remove オプション・キーワード

/Remove オプション・キーワードをコマンドラインに入力するには、以下のいずれかを行ってください。

説明

/Remove オプション・キーワードは、プログラマでアクティブ値を持つアトリビュートについて、保存されている値を削除するために用いられます。

構文

[機能] ["オブジェクト名" または オブジェクト番号] /Remove

一般キーワード

/Remove オプション・キーワードを使用する一般キーワードには以下のものがあります。

User name[Fixture]> Store Sequence 1 Cue 5 /Remove