表示モードの切り替え

このトピックの内容

タイムコード・ショーには3種類の表示モードがあります。

タイトルバーの View Mode をタップするとモードを選択できます。

Timeline モード

タイムコード・ショーを、タイムラインとして表示します。


Timecode ビュー - Timeline モード

View Mode が TextTimeline、または Both のいずれに設定されていても、Timecode ウィンドウの左側は常に表示されています。

以下はそのセクションについての説明です。

Lock:
この列のセルを長押しして Yes に設定すると、編集できなくなります。

No:
トラック番号です。選択されているトラックの子の数は、括弧内に表示されます。

Name:
トラックグループとトラックの名前です。この列のセルを長押しするとキーボードが開き、新しい名前を設定できます。

Play:
この列のセルを長押しすると、そのトラックの再生が無効になり、タイムコード実行時にイベントが実行されなくなります。

Rec:
この列のセルを長押しすると、そのトラックの記録が無効になり、イベントが記録されなくなります。

ヒント
以下の二つの列を表示するには、設定でオンにする必要があります。詳しくは タイムコードの設定 を参照してください。

Appearance:
この列のセルを長押しすると Select Appearance ポップアップが開き、アピアランスを選択できます。詳しくは アピアランス を参照してください。

Target:
この列のセルを長押しすると、Assignment Editor ポップアップ・メニューが開きます。EmptySequenceTimecode、または TCSlot をタップしてターゲットを選択します。


Both モード

表示が二分割され、左側にはタイムコード・ショーがタイムラインとして、右側にはテキストとして表示されます。


Timecode ビュー - Both モード

タイトルバーの Select target をタップすると、フォーカスが Events または TimeRanges に設定されます。

このモードでタイトルバーの Text Mode をタップすると、情報のフィルタリングが以下のように切り替わります。


以下は、右側テキスト表示の列項目に関する説明です。

Lock:
Yes に設定すると、編集できなくなります。

Name:
・ターゲットが Events の場合、イベントの記録に用いられたターゲットのハンドルが表示されます。詳しくは Executor Configurations を参照してください。
・ターゲットが TimeRanges の場合、マーカ、トラック、およびトラックグループの情報が表示されます。

TrackGroup:
トラックグループの名前です。

Track:
トラックの名前です。

Time:
タイムライン上のイベント位置が秒単位で表示されます。この列のセルを長押しすると電卓が開き、新しい値を設定できます。

Token:
イベント再生時に実行されるアクションです。この列のセルを長押しすると Select Token ポップアップが開き、アクションを選択できます。

Cue Destination:
イベント再生時に実行されるキューです。この列のセルを長押しすると、新しいキューを選択できます。

Status:
エクゼキュータが Flash、Black、または Temp に設定されている場合に記録されたイベントの状態が表示されます。詳しくは Executor Configurations を参照してください。

Execute Cmd:
イベント再生時にキュー・コマンドを実行するかどうかを指定します。この列のセルを長押しすると、Yes / No が切り替わります。デフォルトは Yes です。詳しくは キューとシーケンスの確認 を参照してください。

FaderValue:
フェーダを用いてトラックを記録する場合、フェーダの動きが0〜100%の値で記録されます。この列には、各ステップのフェーダ値が表示されます。この列のセルを長押しすると電卓が開き、新しい値を設定できます。

Appearance:
マーカやタイム範囲に割り当てられているアピアランスです。この列のセルを長押しすると Select Appearance ポップアップが開き、新しいアピアランスを割り当てられます。詳しくは アピアランス を参照してください。

Start:
タイムライン上のマーカやタイム範囲の開始位置です。この列のセルを長押しすると電卓が開き、新しい値を設定できます。Time Display Format については、タイムコードの設定 を参照してください。

Duration:
マーカやタイム範囲の長さが秒単位で表示されます。この列のセルを長押しすると電卓が開き、新しい値を設定できます。Duration がタイムコード・ショーの最後に設定されている場合、値が山括弧で囲まれて表示されます。

Speed Factor:
長押しすると電卓が開き、スピードを乗算/除算する値を設定できます。


Text モード

View Mode を Text にすると、ライムラインは非表示になります。


Timecode ビュー - Text モード
ヒント
灰色背景のセルのみが編集できます。
ヒント
列の見出し部分を長押しすると、表示がソートされます。