キューとシーケンスの確認

各シーケンスを確認するのに最もよいのは Sequence プールです。

また、シーケンスのキューを確認する最もよい方法は、Sequence シートを用いることです。


"Main" というシーケンスの Sequence シート - キュー3がアクティブ

シートでは、キューが行として表示され、さまざまなキュー設定が列項目になっています。各項目の説明については後述を参照ください。

このシートの目的は、シーケンスのキューを確認することです。また、アクティブなキューは緑背景で表示されます。フェード実行中に、キューのフェードやディレイは進捗バーで視覚化されます。

シート内のほとんどの値は編集可能です。これは、ショーの見た目に影響を与える場合があります。例えばキューが作られると、そのフェードおよびディレイタイムが保存されますが、他に何も指定していないと、デフォルトのタイミングが用いられます。キュー・タイミングは、このシートで編集できます。

このシートをタップしてフォーカスすると、エンコーダバーが変化して、キューのタイミングを簡単に編集できます。このバーについては 後述 を参照してください。

タイトルバー

タイトルバーの左端にはMAのロゴがあり、これをタップするとシートの設定が開きます。詳しくは後述の Sequence Sheet Settings を参照してください。

ロゴの隣にあるのは、シートに表示されているシーケンスの名前です。

タイトルバーの右側には、いくつかのボタンがあります。

Settings は Sequence Settings を開きます。ここでは、シーケンスに関する種々の設定を変更できます。詳しくは Sequence Settings を参照してください。

Auto Scroll ボタンは自動スクロール機能をオン/オフを切り替えます。アクティブなキューが画面で常に見えるように、自動的にスクロールします。

Link Selected ボタンは、選択されているシーケンスを自動的に表示する機能のオン/オフを切り替えます。オフにすると、シートを特定のシーケンスにリンクできます。

シートのメインパート

タイトルバーの下にあるメインパートは、行と列からなるシートです。

以下は、列項目の簡単な説明です。

背景が明/暗灰色のセルはすべて編集可能で、その値を変更できます。背景が黒のセルは編集できません。

 

Sequence Sheet Settings

シートの設定は、タイトルバー左側のMAロゴをタップすると開けます。


Sequence Sheet Settings の Display タブ

ここには、シートの外観や動作に影響するさまざまな設定があります。以下はそれらの簡単な説明です。

 

シーケンス編集バー

Sequence シートをタップするとフォーカスが移り、エンコーダバーが変化します。


シーケンス編集バー

エンコーダの二つのリングを回すと、シートでフォーカスされているキューの各値が変化します。

下段はデュアル・エンコーダの外側リング、上段は内側リングです。