トラックグループ

タイムコードショーは、トラックグループに一つ以上のトラックを含めることができる階層的なツリー構造になっています。

選択したトラックグループに対してマーカを割り当てることができます。タイム範囲はトラックに対して割り当てられます。詳しくは タイム範囲とイベント を参照してください。

トラックグループを選択するには、Select を押し、目的のトラックグループをタップしてください。選択されたトラックグループのラベルは黄文字で表示されます。

トラックグループは、名前の左横にある三角マークをタップすることで階層を開閉できます。

トラックグループは、コマンドラインからも選択できます。

例えば、タイムコード1のトラックグループ2を選択するには、以下のように入力します。

User Name[Fixture]> Select Timecode 1.2

Target 列のセルを長押しすると、トラックグループにトラックを追加できます。詳しくは 表示モードの切り替え を参照してください。

また、ターゲットとなるエクゼキュータ・キーを押すと、選択されているトラックグループにそのトラックが追加されます。詳しくは タイムコード・ショーの記録 を参照してください。

フェーダの動きは、トラック内の別々のサブトラック(例: MasterRateSpeed など)に記録されます。


記録されたフェーダの動き