プログラマとは

プログラマは、編集した値が配置される一時的なメモリです。ここの値は、保存または解放することができます。

プログラマにある値は、それが表示されているすべての場所において赤背景で強調表示されます。


プログラマの値

一つのフィクスチャが選択されている場合、Please を2回押すと、そのフィクスチャのすべてのアトリビュートがアクティブになります。これによって、プログラマ内にあるフィクスチャのすべてのアトリビュートに対して、現在のすべての値が設定されます。Please をもう一度タップすると、アトリビュートの選択が解除されます。

プログラマ内の値を解放したい場合は、Off を押してから、その値をタップしてください。

プログラマに値があり、フィクスチャが選択されている場合、Clear キーで以下のことが可能です。

デフォルトでは、エクゼキュータはプログラマよりも高い優先度を持っています。そのため、エクゼキュータが実行されると、プログラマ値が変更される可能性があります。プログラマの優先度をエクゼキュータより高くしたい場合は、Freeze を押してください。これによって、エクゼキュータが実行されても、調整されたプログラマ値が保持されます。