Module Manager

前のトピックを読まずに、リンクからこのトピックに開いた場合は、まず フィクスチャタイプの構造 を読んでください。

すべてのフィクスチャには、最低でも一つのモジュールが必要です。複数のモジュールを持つフィクスチャもあります。例えば、Pan アトリビュートは一つで、Tilt アトリビュートは複数持っているフィクスチャ(同じヨークに複数の小さなヘッドをマウント)です。あるいは、より一般的には、一つのモジュールが、Pan、Tilt、Zoom、マスター・インテンシティ、および他の共通機能を持ち、その他に、ウォッシュ・ムービングヘッドの各LEDピクセルのために別モジュールがある場合などです。

Module Manager では、モジュール情報を編集できます。これは、Fixture Type Editor から開けます。


Module Manager

画面下部には、モジュールを追加したり、既存のものを削除したりするためのボタンがあります。Diagnostics ボタンをタップすると、モジュールに対するエラーや警告を一覧表示するポップアップが開きます。

Module Manager は、種々のモジュールを行で表示し、その列項目でモジュール要素の表示や編集を行います。以下は、列項目についての簡単な説明です。

 

モジュールのクラス

クラスは、フィクスチャの種類を表すために用いられ、MA 3D でどのように視覚化されるかを指定します。Module Manager でセルを編集すると、Select Class ポップアップが開きます。


Select Class ポップアップ

以下は、種々のクラスの簡単な説明です。