ビットマップ・フィクスチャ

以前のビットマップ・エフェクトは、MA Lighting ビットマップ・フィクスチャに置き換えられました。ビットマップ・フィクスチャは、フィクスチャ・ライブラリで利用可能な仮想フィクスチャです。

ビットマップ・フィクスチャでは、イメージ・プールからの画像や動画を使え、これらをパッチされたフィクスチャにマッピングできます。ビットマップ・フィクスチャは、Layout View で視覚化されます。 ビットマップ・フィクスチャを動かすには、grandMA2 エフェクト・エンジンが用いられます。

ヒント
Effect Editor には、定義済み BMP (= Bitmap)エフェクトがあります。

ビットマップ・フィクスチャは、MA VPU レイヤフィクスチャのように、それ自身のディマーおよびカラー・アトリビュートを持ちます。

ビットマップ・フィクスチャの再生優先度は、優先度範囲内でつねにもっとも低くなっています。同じフィクスチャが使われている場合、アトリビュート値は、ビットマップ・フィクスチャのアトリビュート値を上書きします。

ビットマップに対して動画を使用する場合、以下の条件を満たしている必要があります。

使用する画像や動画のフォーマットが対応されているか確認してください(対応ファイル・フォーマット を参照)。

動画は、本番で使用する前の準備段階でテストしておいてください。