Layer Mask オプション

Select Layer

Select Layer は,Channel、Fixture、Content、および Tracking シートにあるオプションです。

これは、データレイヤを選択できるドロップダウン・リストです。選択されたレイヤの値が表示されます。これは、レイヤ・コントロールバーを用いて選択することもできます。詳しくは Tools オプション を参照してください。

レイヤについては、Channel シートと Fixture シート を参照してください。

Select Mask

Select Mask は、Channel、Fixture、Content、および Tracking シートにあるオプションです。

六つの定義済みマスクを選択できるドロップダウン・リストです。これは、マスク・コントロールバーを用いて選択することもできます(Tools オプション を参照)。

マスクについては、マスクとは を参照してください。

このリストのデフォルト・マスクは、Channel および Fixture シートのタイトルボタンとしても存在しています(Title Buttons オプション を参照)。

Link Mode

Link Mode は、Content、Executor および Tracking シートにあるオプションです。

これは、シートがどのエクゼキュータを表示するかを決めます。

ドロップダウン・リストには、以下の三つの選択肢があります。

Link Selected オプションは、タイトルボタン に割り当てることもできます。

Selection Only

Selection Only は,Tracking シートにあるオプションです。

このオプションは、Tracking シートで、多くの不要な行や列をマスクします。選択されているフィクスチャに対して変更がないキューは非表示になります。また、シーケンスに保存されているアトリビュートの列のみが表示されます。

このオプションは、タイトルボタン に割り当てることもできます。

Show Tracked

Show Tracked は、Content シートにあるオプションです。

これは、Content シートでのトラッキング値の表示/非表示を切り替えます。これが Off の場合、Content シートで、現在表示中のキューに保存されている値のみが表示されます。

このオプションは、タイトルボタン に割り当てることもできます。

Enable Mask

Enable Mask は、Channel、Fixture、Content、および Tracking シートにあるオプションです。

シートのマスク機能の On/Off を切り替えられます。マスクは、ローカルでも、プールによるものでもかまいません。マスクについては マスクとは を参照してください。

この機能は、マスクを選択したときや、Follow Selected Mask を有効にしたときに、自動的に有効になる場合があります(後述を参照)。

このオプションは、タイトルボタン に割り当てることもできます。

Follow Selected Mask

Follow Selected Mask は、Channel、Fixture、Content、および Tracking シートにあるオプションです。

これが On の場合、シートのマスクが有効になり、Mask プールで選択されたマスクが用いられます。マスクについては マスクとは を参照してください。

このオプションは、タイトルボタン に割り当てることもできます。

Save Mask Always

Save Mask Always は、Channel、Fixture、Content、および Tracking シートにあるオプションです。

シートに Mask プールから読み込まれたローカルマスクがあり、それがロックされていないとき、Local Settings での変更をプールのマスクに戻して保存したい場合に、Save Mask Always 機能を有効にできます。

詳しくは Mask (local) オプション を参照してください。