Tools オプション

Tools タブには、シートでツールをオン/オフにする種々の設定が含まれています。これらによって、より効率的に作業できます。

Link EncodersEdit CueOnly オプションは、タイトルボタンとしても利用できます(Title Buttons を参照)。

 

Preset Control

Preset Control は、Channel、Fixture、Content、および Tracking シートにあるオプションです。

Preset Control は、シート下部のプリセット・コントロールバーの表示/非表示を切り替えます。

これは、種々のプリセットタイプを選択するために用いられます。エンコーダバーに表示されているプリセット・コントロールバーと似ています。

詳しくは プリセット・コントロールバー を参照してください。

制限
Multi Control が On の場合、このコントロールバーは非表示になります。

Layer Control

Layer Control は、Channel、Fixture、Content、および Tracking シートにあるオプションです。

Layer Control は、シート下部のレイヤ・コントロールバーの表示/非表示を切り替えます。

レイヤ・コントロールバーで、フィクスチャの種々のデータレイヤにアクセスできます。

レイヤについては、Channel シートと Fixture シート を参照してください。

制限
Multi Control が On の場合、このコントロールバーは非表示になります。

Mask Control

Mask Control は、Channel および Fixture シートにあるオプションです。

Mask Control は、シート下部のマスク・コントロールバーの表示/非表示を切り替えます。


マスク・コントロールバー

マスクについては マスクとは を参照してください。

制限
Multi Control が On の場合、このコントロールバーは非表示になります。

Multi Control

Multi Control は、Channel、Fixture、および Content シートにあるオプションです。

マルチ・コントロールバーは、レイヤ、プリセット、マスクコントロールを、左から順に三つ拡張ボタンとして、一つバーに結合したものです。


マルチ・コントロールバー

各ボタンで利用できるオプションは、対応するコントロールバーのものと同じです。

制限
Multi Control が On の場合、プリセット・コントロールバー、レイヤ・コントロールバー、およびマスク・コントロールバーは非表示になります。

ScrollBar horizontal

ScrollBar horizontal は、Fixture、Content、Executor、および Tracking シートにあるオプションです。

このオプションによって、シート下部の水平スクロールバーの On/Off 切り替えられます。

スクロールバーは、必要な場合にのみ表示されます。

ScrollBar vertical

ScrollBar vertical は、Channel、DMX、Fixture、Content、Executor、および Tracking シートにあるオプションです。

このオプションによって、シート右側の垂直スクロールバーの On/Off を切り替えられます。

スクロールバーは、必要な場合にのみ表示されます。

Link Encoders

Link Encoders は、DMX、Content、Executor、および Tracking シートにあるオプションです。

このオプションを On にすると、(シート内をタップして)シートがアクティブになったときに、エンコーダ・ツールバー が変更されます。 結果は、シートの種類によって異なります。

DMX シート

エンコーダ・ツールバーが、DMXテスタに切り替わります。詳しくは DMX テスト を参照してください。

Content シートと Tracking シート

エンコーダ・ツールバーが、Executor ツールバーに切り替わります。詳しくは エクゼキュータとは を参照してください。

Executor シート

Executor シートでは、オプションとしては表示されません。これの有効/無効を切り替えるには、タイトルボタンとして追加する必要があります(Title Buttons オプション を参照)。

これは、Executor ツールバーも開きます。詳しくは エクゼキュータとは を参照してください。

Edit CueOnly

Edit CueOnly は、Content および Tracking シートにあるオプションです。

これを On にすると、シートで値に加えられた変更は、すべて Cue Only として保存されます。二つのシートでの値の編集方法については、キュー内容の確認 を参照してください。

DMX Readout Absolute

DMX Readout Absolute は、DMX シートにあるオプションです。

このオプションによって、DMXアドレスを絶対アドレスで表示するか、ユニバースに分けて表示するかを切り替えられます。

これが On の場合、DMXアドレスは、連続する一つの番号だけで表示されます。例えば、2番目のユニバースの先頭アドレスは 513 (最初のユニバースの512アドレス + 1)になります。

これが Off の場合、DMXアドレスは、コロンで区切られた二つの番号で表示されます。最初の番号はユニバース、2番目はユニバース内のDMXアドレスになります。