タイムコード・ショーの再生

タイムコード・ショーは、Timecode エンコーダツールバー、またはコマンドラインを用いて制御できます。

Timecode プールでタイムコード・ショーをタップすると、エンコーダー・ツールバーは下のように変わります。


エンコーダ・ツールバー - タイムコード・ショー

上の行にあるボタンで、ショーの再生モードを制御できます。以下は、ボタンについての簡単な説明です(左から右)。


四つのエンコーダは、以下の機能を持ちます。

エンコーダは、主に Timecode Editor で使用されます。

 

コマンドラインの利用

タイムコード・ショーは、コマンドラインからも制御できます。

Go コマンドは、タイムコード・ショーを再生モードにします。

例えば、タイムコード・ショー2 を再生したい場合は、以下のように入力してください。

[Channel]> Go Timecode 2

 

Intern ソースで、特定の時間(3時間30分)からタイムコード・ショー3を再生したい場合は、以下のように入力します。

[Channel]> Go Timecode 3 Time 3h30m

ショーの長さは、指定されたタイムより長くなければなりません。

上例で、Go の代わりに Pause を用いると、特定の時間に休止することもできます。

 

<<< キーワード を用いると、タイム 0 (ゼロ)に移動します。

[Channel]> <<< Timecode 4

>>> キーワード を用いると、最後のタイムに移動します(Length オプション)。

 

Off キーワード を用いると、タイムコード・ショーが停止します。

 

タイムコード・ジェネレータ

タイムコード・スロット は、セッションに対してタイムコード信号を生成できます。この信号は、LTC や MIDI ポートからは出力されませんが、セッションで配信されます。

プール内のタイムコード・スロットをタップすると、エンコーダツールバーが下のように変わります。


エンコーダ・ツールバー - タイムコード・ジェネレータ

上の行には多くのボタンがあります。以下は、ボタンについての簡単な説明です(左から右)。

タイムコード・ジェネレータでは、三つのエンコーダを使えます。左端のエンコーダは何もしませんが、ラベルにはスロットのタイムが表示されます。2番目のエンコーダで、ジェネレータの Start Time (開始タイム)を設定できます。また3番目で、ジェネレータのEnd Time (終了タイム)を設定できます。

コマンドラインの利用

ジェネレータは、コマンドによっても制御できます。

タイムコード・スロット1を再生またはジェネレートするには Go コマンドを用います。

[Channel]> Go TimecodeSlot 1

ジェネレータを停止するには、Off コマンドを用います。また、Pause でジェネレータが休止します。