マスター・セクション

マスター・セクションは、卓のモニタ画面2の左下隅にあります。

マスター・セクションには、三つのエリアがあります。


マスター・セクションのエリア
  1. 選択されているエクゼキュータ
  2. 左100mmフェーダの機能
  3. 右100mmフェーダの機能

マスター・セクションは、Program TimeExec Time とともに Command Section ビューにも表示されます。


Command Section ビュー

 


選択されているエクゼキュータ

選択されているエクゼキュータのエリア、二つの部分に分かれています。


選択されているエクゼキュータ
  1. シーケンス
  2. キュー

シーケンス領域をタップすると、Assign メニュー が開きます。
キュー領域をタップすると、Edit メニュー が開きます。

詳しくは ミニエクゼキュータ・バー を参照してください。


フェーダ機能

二つフェーダは、100mmフェーダの現在のフェーダ機能を表示しています。

スライダを上下に動かしたり、スライダの右側にある機能ボタンをタップしたりできます。

フェーダの上部をタップすると、Fader Assignment ポップアップが開きます。


Fader Assignment ポップアップ

詳しくは 機能の割り当て を参照してください。