画面のレイアウト

このトピックでは、各モニタでの画面レイアウトについて説明しています。

モニタ画面1

モニタ画面1またはコマンド画面は、上から下へ、三つのエリアで構成されています。


モニタ画面1のレイアウト - コマンド画面
  1. X-キー・ラベル には、X-キーの内容が表示されます。
  2. コマンドライン では、キーワードを入力したり、Command Line Feedback や Message Center を開いたりできます。
  3. ユーザ定義エリア では、ウィンドウを作成して配置できます。

モニタ画面2

モニタ画面2は、七つのエリアで構成されています。


モニタ画面2のレイアウト
  1. マスター・セクション は、選択されているエクゼキュータを表示します。
  2. ユーザ定義エリア では、ウィンドウを作成して配置できます。
  3. コマンドライン では、キーワードを入力したり、Command Line Feedback や Message Center を開いたりできます。
  4. プリセット・コントロールバー は、プリセットを選択します。
  5. エンコーダバー は、アトリビュートを制御します。
  6. タイム・コントロール は、Program Time と Exec Time を制御します。
  7. ビューボタン は、ユーザ定義されたウィンドウ配置(ビュー)を呼び出します。

モニタ画面3とモニタ画面4 (grandMA2 light および grandMA2 full-size のみ)

モニタ画面3とモニタ画面4は、三つのエリアで構成されています。


モニタ画面3とモニタ画面4のレイアウト
  1. ミニエクゼキュータ・バー には、エクゼキュータの内容と機能についての情報が表示されます。
  2. ユーザ定義エリア では、ウィンドウを作成して配置できます。
  3. ビューボタン は、ユーザ定義されたウィンドウ配置(ビュー)を呼び出します。

モニタ画面5とモニタ画面6 (外部モニタ)

外部モニタ画面は、二つのエリアで構成されています。


モニタ画面5とモニタ画面6のレイアウト
  1. ユーザ定義エリア では、ウィンドウを作成して配置できます。
  2. ビューボタン は、ユーザ定義されたウィンドウ配置(ビュー)を呼び出します。