イメージ

インポートされたすべてのイメージは、Image プールにあります。 Image プールは、他のほとんどのプールと同様です。プールに関する一般的な事柄については、プール・ウィンドウ を参照してください。

重要
Image プール全体のサイズは最大で200MBです。

Image プールは、できるだけ小さくしておくことをお勧めします。例えば、1画像あたりの最大サイズは64MB以下にしてください。また、画像の解像度は1920×1080を超えないようにしてください。

イメージは、アピアランスとして利用できます。詳しくは アピアランスの作成 を参照してください。


Image プールの例
 

定義済みイメージのインポート

いくつかの定義済みテストパターン・イメージを利用できます。またカスタムイメージもインポート可能です(後述 を参照)。

ワークフロー

今のところイメージのインポートは、コマンドラインによってのみ可能です。

  1. Image プールの Custom に移ります。
User name[Fixture]> ChangeDestination Image "custom"
  1. 定義済みライブラリ・イメージをインポートします。
User name@ShowData/ImagePools/Custom> Import lib "*.xml"

このコマンドは、MAからのイメージファイルを Image プールにインポートします。

  1. コマンドラインの Root に戻ります。
User name@ShowData/ImagePools/Custom> ChangeDestination Root

カスタムイメージのインポート

カスタムイメージをインポートし、それをアピアランスで利用できます。

必要条件

イメージは、特定のフォルダになければなりません。
卓では /actual/shared/resource/lib_images になります。

USBスティックでは grandMA3\shared\resource\lib_images です。

ワークフロー

イメージは、Image プールでインポートできます。

  1. 空のプール・オブジェクトを編集します。
  2. Import ボタンをタップします。
  3. タイトルバーの Drive ボタンによって、ドライブを目的のソースに変更します。
  4. 目的のイメージを選択します。
  5. Import をタップしてください。
  6. Edit Image ポップアップを閉じます。

Edit Image ポップアップを閉じる前に、その名前を編集できます。

 

プールからイメージを削除する

イメージの削除は、他のプール・オブジェクトの場合と同様です。イメージを削除すると、それが使われていた場所で表示されなくなります。

イメージを削除するには、以下の3通りの一般的な方法があります。

コマンドラインによるイメージ削除

削除のために重要となるキーワードは、Delete です。

単独のイメージを削除するための構文は以下のようになります。

Delete Image イメージ番号

標準的な範囲指定構文(Thru、+、- )を用いて、複数のイメージを削除することもできます。

例えばイメージ4を削除したい場合は以下のように入力します。

User name[Fixture]> Delete Image 4

また、イメージ5〜10を削除したい場合は以下のようにします。

User name[Fixture]> Delete Image 5 Thru 10

画面上の Image プールでイメージ削除

必要条件

画面の一つに Image プールが表示されている。

  1. Delete ボタンを押します。
  2. プールでイメージをタップしてください。

イメージが削除されます。

Swipey コマンドによるイメージ削除

必要条件

画面の一つに Image プールが表示されている。

  1. 削除したいイメージを長押しします。
  2. 画面から指を離さずに、そのプール・オブジェクトをスワイプアウトします。
  3. Delete ボタンにスワイプして指を離します。

イメージが削除されます。




下位トピック