プール・ウィンドウ

grandMA3 のショーデータの多くは、Data プールの一部としてプールにまとめられています。基本的に、パスとフィクスチャ設定を除くすべてが Data プール内に保存されます。

プールには、さまざまなデータを含めることができます。例えば Groups プールには、フィクスチャの選択に関する情報があります。また前のトピックで述べた Views プールには、画面上のウィンドウ配置に関する情報が含まれています。

プールは、他のウィンドウと同様にして作成できます(ウィンドウの追加 を参照)。また配置やサイズ変更も同様に行えます(ウィンドウの再配置 を参照)。

以下は Groups プールの例です。


Groups プール

各プールにはタイトル部分があります。上の例では、MAロゴと Groups というテキストが表示された最初の青いマスです。

ロゴの部分をタップすると設定が開きます。一般的なウィンドウ設定については、ウィンドウの設定 を参照してください。またプールやプリセットに固有の設定については、関連トピックを参照してください。

プールには特定の用途を持つものがあります。以降の下位トピックでは、一般的な概念について説明します。各タイプのプールについては、個々のトピックを参照してください。

 

プール・オブジェクト

タイトル部分を除くすべての領域にはプール・オブジェクトを置くことができます。プール・オブジェクトに何かが保存されていると、その背景が明灰色(デフォルト)になりラベルが表示されます(上例を参照)。

各プール・オブジェクトの左上隅にある番号は、一意的なプール識別子です。これを用いて、そのオブジェクトを呼び出せます。例えば、コマンドラインで Group 1 を用いると、Groups プールの最初のプール・オブジェクトになります。プール・オブジェクトのラベルや名前が一意的な場合は、それを用いることもできます。上の例では、Group "All QWO" によっても最初のプール・オブジェクトを呼び出せます。 オブジェクト名では、* (アスタリスク)をワイルドカードとして使えます。Group "All*" と入力すると、名前が All で始まるすべてのグループが呼び出されます。

 

プール・オブジェクトを利用するには多くの方法があります。下位トピックの例ではコマンドラインを利用していますが、操作の多くは、キーや画面、あるいは任意の組み合わせによっても行えます。

 

一部のプールには選択されたプール・オブジェクトがあり、その周りに黄色の枠が表示されます。


World 1 を選択中

プールでオブジェクトをタップするか、Select キーワード を用いることで、別のプール・オブジェクトを選択できます。

 

Swipey コマンド

各プール・オブジェクトで、一連の Swipey コマンドを開くことができます。これによって、プール・オブジェクトに関するいくつかの一般的な操作に素早くアクセスできます。

Swipey コマンドは以下のようにして開きます。

  1. プール・オブジェクトを長押しします。
  2. 画面を押したまま、指/カーソルをプール・オブジェクトの外側に移動します。

Swipey コマンドを開
  1. 画面を押したまま、指/カーソルを目的のコマンドに移動してください。
  2. 画面を離します。
 

利用可能なコマンドは以下の通りです。