スクリーンショット

内蔵キーボードまたは外部キーボードの Print Screen キーや F11 を押すことによって、スクリーンショットを作成できます。すべての画面が緑色でフラッシュし、スクリーンショットが撮られたことが分かります。

各画面の画像は、個別のpngファイルとして image フォルダに保存されます。ファイル名は、YYYYMMDD_hhmmss_displayX.png というテンプレートによって生成されます。

画像は、Image プール にインポートしたり、SFTP接続によって卓からコピーしたりできます。詳しくは SFTP接続 を参照してください。

制限
スクリーンショットを作成するためのキーワードやコマンドはありません。

スクリーンショットをUSBスティックに保存

スクリーンショットは、USBメモリスティックに保存することができます。これらは、pngファイルとして保存されます。

Print Screen が押されるとき、ドライブとしてUSBスティックが選択されている必要があります。

以下のコマンドを実行すると、ドライブ一覧が Command Line History ウィンドウ に表示されます。

User name[Fixture]>List Drive

他のUSBデバイスが接続されていない場合、ドライブ番号は2になります。

Select Drive [ドライブ番号] という構文でドライブを選択してください。

そして Print Screen を押します。

このUSBスティックをコンピュータに持って行きます。スクリーンショットは /gma3_library/media/images フォルダに保存されています。USBドライブでは、gma3_library フォルダは grandMA3 フォルダ内にあります。

SFTPによるスクリーンショットのコピー

SFTPを利用して卓の内部ドライブにアクセスする場合、gma3_library フォルダは、表示されているフォルダー構造のルートにあります。

SFTP接続 を開いて、その images フォルダに移動し、卓から関連ファイルをコピーしてください。

詳しくは フォルダ構造 を参照してください。