Cue キーワード

Cue キーワードをコマンドラインに入力するには、以下のいずれかを行ってください。

説明

重要
Cue は、小数部を持つIDに対応する唯一のオブジェクト・タイプです。キューに対するIDの範囲は、0.001〜9999.999です。他のすべてのオブジェクトでは、ドットは、IDの親または下位オブジェクトのIDを表します。

Cue は、ステージ上のシーンを保持するオブジェクト・タイプです。

キューは、シーケンス内に配列され、またパートに分割されます。

詳しくは キューとシーケンス を参照してください。

Cue はオブジェクト・キーワードです。オブジェクト・キーワードは、完全なコマンドを作るために、それらの前に機能キーワードを必要とします。詳しくは 一般的な構文規則 を参照してください。

Cue には、SelFix というデフォルトの機能があります。これによって、そのキューに値が保存されているすべてのフィクスチャが選択されます。

シーケンスが指定されていない場合、選択されているシーケンスがコマンドで用いられます。

構文

[機能] Cue [キューID]

[機能] Sequence [シーケンスID] Cue [キューID]

[機能] Sequence [シーケンスID] Cue [キューID] ([設定] [設定オプション] )

User name[Fixture]> Cue 3

Cue のデフォルト機能は SelFix なので、Cue 3SelFix Cue 3 と同じです。

 

User name[Fixture]> Store Sequence 5 Cue 2

 

User name[Fixture]> Store Sequence 5 Cue 3 CueFade 7/11