キューとシーケンス

このトピックの内容

フィクスチャの値は、プリセット または キュー に保存できます。

キューは シーケンス にまとめられています。

エクゼキュータ は、シーケンスを制御したり再生したりできます。シーケンスは、Sequence プールから再生されます。エクゼキュータは、シーケンスを操作するためのハンドルです。

シーケンスはすべて Sequence プールにあります。


Sequence プール - シーケンス1のキュー1が動作中

 

シーケンスには、キューに関する情報と、キュー間の遷移方法が含まれています。

キューには、フィクスチャの値(「ハード値」とも呼ばれる)またはプリセットへの参照を含めることができます。キューの作成については キューの保存 を参照してください。

すべてのキューには、少なくとも一つのステップがあります。複数のステップがある場合はフェイザーになります。詳しくは フェイザー を参照してください。

キューは、パートキューを持つことができます。これは、キューの値を異なるサブキューに分割できるということです。値は、キューの一つのパートにしか所属できません。パートは異なるタイミングやプロパティを持つことができますが、プライマリ・キュー(親)に接続されています。そのため、すべてのパートはプライマリ・キューとともにトリガーされます。

シーケンス内のキューは、Sequence シートで確認できます。詳しくは キューとシーケンスの確認 を参照してください。

シーケンスにはさまざまな設定があります。詳しくは Sequence Settings を参照してください。

 

フィルタ

シーケンスには、ワールドまたはフィルタを入力/出力フィルタとして割り当てることができます。

入力フィルタが割り当てられていると、プール・オブジェクトの上部に アイコンが表示されます。この場合、ワールドやフィルタ内のデータだけをシーケンスに保存できます。

出力フィルタが割り当てられていると、プール・オブジェクトの上部に アイコンが表示されます。 この場合、ワールドやフィルタ内のフィクスチャとアトリビュートだけをシーケンスから再生できます。

上の画面例では、"Audience" というシーケンスに、入力/出力フィルタの両方が割り当てられています。また、青緑のアピアランスも割り当てられています。

シーケンスのフィルタリングについては、ワールドとフィルタ を参照してください。

 

共有データ

二つのシーケンスをリンクしてキューデータを共有することができます。シーケンスが他のシーケンスとデータを共有している場合、上の画面例のシーケンス1と4のように、プール・オブジェクトの上部に アイコンが表示されます。

共有データのキュー内容や設定(例: フェードタイム)は同じになります。二つのシーケンスの一方を変更すると、他方のシーケンスも変更されます。例えば、キューの作成、キュー内容の変更、キューの削除などを行うと、他方にも反映されます。

シーケンス設定は異なっていてもかまいません。異なるエクゼキュータは別々のシーケンスを制御し、二つ(またはそれ以上)のリンクされたシーケンスで異なるキューを再生できます。

これは、リハーサル中に映像プログラマと照明プログラマが、一つのシーケンスの異なるキューを実行したい場合に役立ちます。二つの共有シーケンスには、関連する入力/出力フィルタを割り当てられます。二つ異なるエクゼキュータを割り当てれば、二つのリンクされたシーケンスを制御できます。これによって、一方のシーケンスでは動画データの再生・保存が、もう一方のシーケンスでは照明データを実効・保存できるようになります。作業が終わったら、フィルタを削除すれば、すべてのデータ内容を一つのシーケンスとして再生できます。