マクロ

マクロとは

マクロは、プール・オブジェクトに保存されたコマンドです。

コマンドは、単純なものでも非常に複雑なものでもかまいません。

マクロによって、プログラミングをより速く便利に行えます。またボタンを押すだけでさまざまな操作が可能です。

マクロでどのようなことが可能かについては、マクロの例 を参照してください。

 

Macro プール

マクロは Macro プールに保存されますが、物理ボタンに割り当てることもできます。Macro プールは、ショーファイルにおいて、すべてユーザ間で共有されます。例えば UserA がプール・オブジェクト番号10にマクロを保存している場合、UserB も、それをマクロ10として利用できます。

以下は Macro プールの例です。


Macro プール

 

 

マクロ内の要素

マクロは、1行または複数行で構成されています。

各行には Command 欄があり、実行するコマンドについての情報を持っています。

また、行の処理方法を指定するいくつかの欄があります。

Wait 欄では、マクロに複数の行がある場合に、行のコマンドが実行されてから次の行に移る前に待ちタイムを追加できます。最初の行が実行された後、指定タイムだけ待ってから次の行が実行されます。タイムには数値による指定以外に、以下の2種類の特殊コマンドも使えます。

Enabled 欄は、その行が有効かどうか(Yes/No)を示しています。これが Yes の場合、マクロ行がトリガーされたときに実行されます。

AddToCmdline 欄が Yes の場合、マクロ行のコマンドを、コマンドラインにある内容に追加できます。

Execute 欄は、マクロ行が自動的に実行されるかどうかを指定します。 Yes の場合、行が実行されます。No の場合は、コマンドラインにコマンドが入り、ユーザの操作待ちになります。

 

マクロ・ライブラリのインポート

Import コマンドでインポート可能な定義済みマクロのライブラリもあります。

詳しくは Import キーワード を参照してください。