ネットワーキング

ネットワーキングによって、単独のスタンドアロン卓を、DMXノードや追加の処理能力を持つシステムに拡張できます。

すべての卓の背面には三つのイーサネット・コネクタがあります。これらによって、三つの異なるネットワークに接続できます。

ネットワーキングは以下の用途に用いられます。

MAセッション

セッションによって単独の卓を拡張できます。複数人が同じショーで作業できるように、マルチユーザ設定で複数の卓を接続できます。grandMA3 Processing Units を追加すると、DMXの計算処理を、卓から必要な場所に置いたプロセッサに移すことができます。grandMA3 xPort Nodes はセッションをリッスンしていて、DMXの分散的な同期配信が可能なインターフェースとして機能します。

grandMA3 デバイスを接続するには、セッションが必要です。詳しくは セッション を参照してください。

イーサネットDMX

grandMA3 は Art-Net および sACN によってDMXを出力できます。特定の Ethernet ポートを Art-Net 出力として設定可能です。詳しくは システムのDMX入出力 を参照してください。

インターネット接続

grandMA3 システムは、将来的にはインターネットに接続できるように設計されています。

内部接続

卓は、内部コンポーネントのさまざまなセクションをつなぐために内部ネットワーク接続を使用します。これは Network メニューに表示されますが、変更しないでください。

ネットワーク接続の有効/無効化

通信を行うには、ネットワークを有効にする必要があります。これには、イーサネットによるDMXの送信も含まれます。

ネットワークのオン/オフ切り替えは、Network メニューから行います。Network メニューについては、セッション を参照してください。

Network メニューの右下隅には、ネットワーク接続を切り替えるためのボタンがあります。


ネットワーキング有効化ボタン

このアイコンが赤の場合はネットワークがオフ、緑の場合はオンになっています。