レシピ・プリセット

このトピックの前に、レシピ を読んでおいてください。

ここでは、プリセットでのレシピ利用について説明します。

レシピは、ユーザ・インターフェースを利用するときにアトリビュート値を含まないプリセットにのみ追加できます。アトリビュート・データを持つプリセットでは、Turn into Recipe をタップすることで既存のアトリビュート・データをレシピに変換できます(後述を参照)。

レシピ行の追加

レシピ行は、Edit Preset Object ポップアップによってプリセットに追加されます。これは、プリセットプール・オブジェクトに対して Swipey を用いることでアクセスできます。


プリセットに対する Edit Option

このポップアップの中央部分は、レシピと、例えば MAtricks 値に関するものです。

メインのレシピ領域(レシピ を参照)の他に、色付き背景の MATricks 領域があります。これは、選択されているレシピ行の値を編集・表示するための別ツールです。

エディタの下部には、以下のようなボタンがあります。

 

レシピ・プリセットの新規作成

空のプリセットでエディタを開きます。

下部メニューの Turn into Recipe をタップします。

これによって、プリセットがレシピ・プリセットに変わり、最初のレシピ行が作成されます。

ほとんどの場合、少なくともプリセット参照値は常に追加します。これを行うには、レシピ行の Preset 列のセルを長押しします。

これによって Preset Pool 選択ポップアップが開きます。ここでは、既存のプリセットから目的のものを選択できます。レシピ・プリセットと同じフィーチャグループである必要はありません。

他の列に必要な値を追加してください。

必要に応じて、グループから、あるいは Take Selection をタップして、セレクションを追加します。

必要に応じて MAtricks 値を追加します。

レシピにグループが含まれている場合、編集ポップアップを閉じると、プリセットが自動的にクックされます。

現在のフィクスチャ・セレクションを、二つのウィングの新しい位置に一定時間で移動させるためのプリセットが欲しいとします。

必要条件:

いくつかのムービングヘッドをパッチして一列に配置したショーを用意します。このショーには、Position プリセットと、フィクスチャがフルになる Dimmer プリセットも必要です。この例では、Demo Show を用います。

以下の手順にしたがって、レシピ・プリセットを作成します。

  1. 空の Position プリセットプール・オブジェクトをスワイプして Swipey メニューを開きます。
  2. Swipey メニューで Edit Setting を選択します。
  3. Turn into Recipe をタップして、レシピ行を作成できるようにします。
  4. Values 列で最初のセルを長押しします。
  5. Dimmer をタップし、インテンシティがフル(Open)になるプリセットを選びます。
  6. Insert New Recipe をもう一度タップして、2行目を作成します。
  7. Assign を押します。
  8. Position プリセットプールで Roof Floor プリセットをタップします。
  9. 2番目のレシピ行をタップして、そのプリセットを割り当てます。
  10. XWings 列で両方のレシピ行を選択します。この列が表示されていない場合は、上部バーで "X" と "MAtrix" 両方のトグルボタンが有効になっていることを確認してください。
  11. XWings が "2" となるように、この値を編集します。
  12. "Fade From X" 列で両方の行を選択し、値を "1" に設定します。
  13. "Fade To X" 列で両方の行を選択し、値を "3" に設定します。

結果は以下のようになります。


完成したレシピ
  1. エディタを閉じます。
  2. フィクスチャを何台か選択します(例: グループ2)。
  3. 新しいレシピ・プリセットをタップし、点灯中のフィクスチャの動きを確認してください。

移動とフェードを中央から開始したい場合は、Edit Preset Object ポップアップを再度開き、両方のレシピ行に対して、InvertStyle を "All" に、InvertX を "Yes" に設定してください。


レシピ・プリセットの操作

レシピを用いたプリセットによる推奨ワークフローとして、以下の二つが挙げられます。

セレクションを持つレシピを含むプリセット

レシピはプログラマで選択されているフィクスチャに読み込まれるため(プログラマとは - プログラマ・パート を参照)、値がプログラマにクックされます。これらの値は、プログラマで保存または削除/上書きできます。

ヒント
このようなプリセットの利用は、キューにレシピを組み込むための簡単な方法です。レシピをキューに組み込んだ後、プリセットは不要になり、レシピはキューの中だけで動作するようになります。これは、「レシピ・テンプレート・プリセット」と考えてください。

セレクションを持つレシピは、エクゼキュータから再生することができます。詳しくは プリセットの利用 を参照してください。

セレクションを持たないレシピを含むプリセット

このレシピは、現在のプログラマのフィクスチャ・セレクションで機能します。レシピは、プログラマに読み込まれません。代わりに、レシピ値のリンクと MAtricks が現在のフィクスチャ・セレクションで使用され、プログラマに直接値をクックします。

重要
値がレシピに保存されてから、セレクションが保存されていないレシピ・プリセットが呼び出された場合、値はプログラマに呼び出されますが、プリセットのリンクはありません。
セレクションが保存されていないレシピ・プリセットは、レシピに値を保存する代わりにプリセットが指定されている場合、プリセットのリンクで値をプログラマに呼び出します。

これは、プリセットプールに置いた多数のテンプレート・オブジェクトで、MAtricks に基づく複雑な外観を素早く呼び出せる優れた方法です。