プリセットの利用

プリセットは、ライブ再生や、キューの構成要素としてよく利用されます。プリセットをタップして値を取得するには、At キーワード を用います。

プログラマへのプリセット呼び出し

プリセットが、ライブ再生またはキューリストで利用されているかどうかに関係なく、多くの場合における最初のステップは、目的のフィクスチャを選択し、そのプリセットをプログラマに呼び出すことです。

ワークフローは、どの種類のプリセット(MAgic、レシピ、マルチステップ、普通のシングルステップなど)でも同じです。

プログラマにフィクスチャ・セレクションがない状態でプリセットがタップされた場合、最初のタップで、そのプリセットを利用できるすべてのフィクスチャが選択されます。この場合、グループに少し似た働きをします。

プログラマで選択されているフィクスチャに対してプリセットをタップすると、それがフィクスチャ・セレクションに対して有効な場合、プリセットが呼び出されます。

プリセットにはタイミング値を保存できます。タイミングを持つプリセットを呼び出すと、値にフェードインします。

プリセットでタイミングを用いるもう一つの方法は、Programmer Time マスターです。マスターについては、タイム・コントロール を参照してください。

タイミング値が保存されたプリセットは、Programmer Time マスターよりも優先度が高く、プリセットが呼び出し時には、その保存されたタイミングが用いられます。

既知の制限:
MAgic プリセットをプログラマに呼び出すと、データが抽出され、プリセットは参照されません。参照可能なデータを保持するには、レシピと組み合わせて MAgic プリセットを使用することをお勧めします。

プリセットをキューに保存

プリセットがプログラマにある場合、それをキューに保存できます。詳しくは キューの保存 を参照してください。

プリセットへの参照は、特定のフィクスチャ・アトリビュートに対して保存されます。これは、プリセットに保存されている値がキューに保存されるのではなく、プリセットへの参照が保存されるということです。そのため、キューの保存後にプリセットの保存値が変更された場合でも、キューの再生時にプリセットを調べて値を取得し、新しい値が用いられます。

プリセットが使用された後でアトリビュートが追加または削除された場合、そのプリセットを参照している保存されたキューはこの新しい変更を反映してから、プリセットをリキャストする必要があります。これは、Recast キーワード を用いるか、Edit Option ポップアップ によって行えます。プリセットをリキャストすると、キューのフィクスチャに対してアトリビュートが追加または削除されます。

プリセットがキューで使われた後で削除されると、プリセット値はキューに転送されます。

Track Sheet のアトリビュートへのプリセット割り当て

Track Sheet で値を編集している場合、利用可能なプリセットを 電卓 で選べます。

プリセット値の抽出

プリセット値は、選択されいてるフィクスチャに抽出できます。そのプリセットは、それらのフィクスチャに対して有効でなければなりません。これには Extract キーワード が用いられます。

プリセットに保存されている値は、プリセットを参照せずにプログラマに取れ入れられます。その値は、他の通常のプログラマ値と同様です。