フェイザー

このトピックの目次

フィクスチャを動かしたり、色を変えたり、値の組み合わせを動的に変化させたりしたい場合がよくあります。これは、ある種のエフェクト・エンジンによって実現されます。

grandMA3 のエフェクト・エンジンは、フェイザーと呼ばれます。

フェイザーは複雑なため詳しい説明は行いません。ここでは、フェイザーの基本について見ていきます。

フェイザーは、ステップを使いします。これまでに保存してきたキューやプリセットには、一つのステップがあります。何も指定しない場合、値はステップ1に保存されます。ステップには、一連の値が含まれています。

通常、フェイザーには、一連の値を含むステップが二つ以上必要です。フェイザーを持つオブジェクトは、「マルチステップ」オブジェクトと呼ばれることがあります。フェイザーは、キューやプリセットと同じように保存できます。

フェイザーは、各ステップを一つずつ実行してループ再生します。

Speed 値は、このループの再生スピードを指定します。すべてのフィクスチャが同時に同じステップを進んでいる場合、それらは同じ Phase 値を持っているといいます。しかし、フィクスチャを分散させ、異なるループ位置の動作をさせたい場合がしばしばあります。これは、フィクスチャに異なる Phase 値を指定することで実現できます。Phase 値を Phasers (フェイザー)の概念と混同しないでください。


これらの概念について試すため、Even Blinders を用いて2値間でフェードする単純なディマー・チェイサーを作成してみましょう。

プログラマをクリアしてください。

グループ4(Even Blinders)を選択します。

それらのディマー値を0%にします。

エンコーダ・ツールバーにある以下の部分を見てください。

これは、ステップバーと呼ばれます。今は "1/1" と表示されています。これは、1ステップのうち、ステップ1の値を扱っていることを示しています。これまでの章の作業は、すべてステップ1で行っていました。

ここでは、新しい値を持つ別のステップを追加する必要があります。

ステップバーにある右矢印をクリックしてください。

表示が "2/1" に変わります。

フィクスチャには何も値を指定していないため、まだ1ステップしかありませんが、ステップ2を選択して値を追加する準備ができました。

フィクスチャを100%にしてください。

これで、フィクスチャ出力は2ステップ間でループします。

Fixture Sheet を見てください。値の変化は分かりませんが、これは "Absolute" というレイヤを見ているためです。これはプログラマに要求した値ですが、出力はフェイザーなどさまざまな要素の影響を受ける場合があります。Fixture Sheet を変更すると、実際の出力を確認できます。

Fixture Sheet ウィンドウの左上隅にある MA ロゴをクリックして、Settings を開いてください。

"Layer Toolbar" という設定をオン(黄文字表示)に切り替えます。

そして、ポップアップの右上隅にある X をクリックして Settings を閉じてください。

Fixture Sheet の下部にレイヤ・ツールバーが表示され、これによって種々のレイヤを選択できます。レイヤ・ツールバーについて詳細は省きますが、Output をクリックすると、実際のフィクスチャ出力を見ることができます。

ここには、エンコーダ・ツールバーにあるレイヤ・ツールバー部分も表示されています。

上部に紫のバーがあるツールバーのボタンが、フェイザー・レイヤです。Fixture Sheet においても、フェイザーの影響を受ける値に同じ色のマーカが表示されています。

エンコーダ・ツールバーのレイヤ・ツールバーで Speed をクリックすると、最初のエンコーダで Speed を制御できるようになります。デフォルトでは、値がBPM (ビート/分)で表示されます。これは、SPM (ステップ/分)と呼ばれる場合もあります。各ビートが1ステップに相当しますので、60ステップのフェイザーを60BPMで動作させると、全体で1分かかります。

Fixture Sheet を見ると、今のところ Blinder の動作がすべて同じになっていることが分かります。Phase レイヤで異なる値を指定すると、この動作をずらすことができます。

ツールバーで Phase をクリックしてください。エンコーダをクリックするか短く押すと、電卓が開きます。

"Specials" セクションで 0 thru 360 をクリックしてください。

フィクスチャは、ループ全体に均等に分散されます。

Fixture Sheet で "Phase" レイヤを選択すると、以下のようになっているのが分かります。

割り当てられた値は、実際には0から360ではないことに注意してください。これは、Phase 値が円周上での角度として定義されているためです。

すべてのステップが輪になってループしていると想像してください。円周上で0°と360°は同位置になるため、実際に0から360まで動作させると、最初と最後のフィクスチャが同じ値になってしまいます。

したがって、Phase 値は、円周上では以下のようになります。

これを、新しい All プリセットに保存します。

プリセットをクリックすると、そのプリセットへの参照がプログラマでアクティブになります。

Store を押すかクリックしてから、エクゼキュータ103をクリックしてください。

新しいポップアップが表示されます。

フェイザーをキュー2に保存したいと思います。8章では、Store コマンドでキューを保存しても、このポップアップは表示されませんでした。

既存キューに値を保存したり、2番目のキューを作成したりできる場合、この確認が出ます。デフォルトの Store Settings には "If not empty" というオプションがあり、保存時のデフォルト動作は "Ask" に設定されています。

Create second cue をクリックしてください。

これで、エクゼキュータ203の "Go+" ボタンによって、二つのキューを切り替えられるようになります。同じようなフェイザーで3番目のキューを作成しますが、今度はステップ間でスナップさせます。

エクゼキュータがアクティブな場合はオフにし(Off を押してから エクゼキュータ103)、プログラマをクリアしてください。

All プリセットに保存した多くの値は再利用できます。プリセットを2回クリックして、プログラマに呼び出してください。

Blinder をステップ間でフェードさせるためには何も行っていません。Default 値でこのようになっています。

Accel (加速) と Decel (減速)という二つの フェイザー・レイヤがあります。これらは、ステップ間のフェード・カーブの有無を制御します。

Transition レイヤは、各ステップ間で利用可能なタイムのうち、どの程度を遷移に用いるかを指定します。

これら三つの値によって、ステップ間で値がどのように変化していくかが決まります。

Default 値では、利用可能なタイム全体で直線的にフェードします。

ステップ間で値をジャンプまたはスナップさせたい場合は、Transition 値を小さくする必要があります。0%に近いほど、スナップ感が強くなります。

ステップごとに異なる値を設定すれば、独創的なフェイザーを作ることもできます。しかしここでは、すべてのステップを選択しましょう。ステップバーの右側にあるボタンをクリックすると、両方のステップが選択され、"1*/2" と表示されます。

エンコーダ・ツールバーのレイヤ・ツールバーで Transition をクリックし、左端のエンコーダを回して値を0%まで下げてください。

これを、新しい All プリセットに保存します。二つのプリセットに、"Even Blind Soft" と "Even Blind Snap" というような名前を付けておきましょう。

2番目のプリセットをクリックしてプログラマでアクティブにし、Store に続けてエクゼキュータ103を押してください。

今回は、確認のポップアップが出ません。少なくとも二つのキューがあるシーケンスに保存する場合、次の整数をキュー番号として保存するものと見なされます。それ以外の場合は、キュー番号を指定する必要があります。

3番目のキューができたら、プログラマをクリアし、エクゼキュータでこれらのキューを試してみてください。

これをより使いやすくするために、調整できることがあります。現在はマスターを下げきるとシーケンスがリセットされますが、選択した最後のキューに留まるようにした方がよいかもしれません。また、Speed を動的に制御したい場合もあるでしょう。この2点について変更してみましょう。

これには、Assign メニュー が必要です。Assign をクリックしてから、エクゼキュータ・ボタンの一つを押してください。

メニューは Handle ページにしてください。まだなっていなかったら、左側の Handle をクリックします。

エクゼキュータをさらに拡張するために、300 というボタンをクリックしてください。

サイズ変化によって Key の割り当てが変わります。ここでも、下部のエクゼキュータ・ボタンは "Flash" にします。そして、300 ノブの Encoder を "Speed" に、300 ボタンの Key を "Speed1" にしてください。Handle の割り当ては以下のようになります。

次に、エクゼキュータの設定を調整します。左側の Edit Setting をクリックすると、シーケンスに対する設定が開きます。多くの設定がありますが、変更したいのはメニューの中程にある "Restart Mode" です。この設定には三つの選択肢がありますが、表示が "Current Cue" になるまでボタンをクリックしてください。これによって、シーケンスは前回終了したキューで再開されます。

設定が終わったら、Assign メニューを閉じてください。

三つのキューとともに、新しい Speed ノブやフェーダをいろいろと試してみてください。ノブの下にあるボタンを押すと、Speed が 60 BPM にリセットされます。onPC のノブは、エンコーダと同じように回すことができます。

同じことをもう一度、Odd Blinders についても行い、そのエクゼキュータを設定してみてください。フェイザーは、新しい All プリセットに保存します。それが終わったら、次の章に進みましょう。


要約

この章では、単純なディマー・フェイザーについて見てきました。ユーザマニュアルには フェイザー というセクションがあり、フェイザーの作成に関する詳細や、より高度なフェイザーの例があります。このショーを用いて、それらの例を試すことができます。

また、Fixture Sheet にレイヤ・ツールバーを追加しました。これについては、エンコーダ・ツールバー を参照してください。

Store Settings についても簡単に触れました。このクイックスタートガイドでは、これ以上説明しません。詳しくは Store Settings とプリファレンスの保存 を参照してください。

次の章 では、新しいシーケンスを作成します。