シートでのマスクの使用

マスクについての知識がない場合は、まず、マスクとはマスクの作成 のトピックを読んでください。

どこでマスクを使用できるか

マスクは、以下のシートやウィンドウで使用できます。

これらのウィンドウはすべて、そのビューに対してのみ働くローカルマスクを持つことも、あるいは、Mask プールに従うことも可能です。ローカルマスクは、そのウィンドウでのみ機能します。これは、二つの Fixture シートを開いても、そのうちの一方だけがマスクを持つことを意味します。

ウィンドウのオプション

マスク設定のオン/オフは、ウィンドウのオプションで行います。左上隅の をタップすると、オプションが開きます。

オプションには、LayerMaskTitle Buttons、および Mask (Local) という、マスクに関連した三つのタブがあります。

Layer Mask オプション のトピックでは、マスク機能に関連するオプションについて述べられています。ここで、マスク機能のオン/オフを切り替えられます。

Title Buttons のトピックでは、マスク機能にすばやくアクセスするためのボタンについて述べられています。

Mask (Local) タブでは、ローカルなマスクを作成できます。実際のマスク作成については、マスクの作成 を参照してください。

 

オンザフライでマスクを割り当てる

上述の五つウィンドウのいずれかでプールのマスクを用いる場合は、オプションを開く必要はありません。Assign キーを押してから、割り当てたいマスクをタップし、最後にマスクを用いるウィンドウのタイトルバーをタップしてください。

例えば、Programmer Only マスクを Channel シートに割り当てる場合は、以下のようにします。

  1. Mask プールと Channel シートの両方を表示します。
  2. Assign を押します。
  3. Prog Only マスクをタップします。
  4. Channel シートのタイトルバーをタップしてください。

同じことを、Mask キーワード を用いてコマンドラインから行ったり、あるいは、コマンドライン入力と Channel シートのタップとの組み合わせで行うことも可能です。

同じ例

  1. Type assign mask 2 と入力します。Programmer Only マスクは、マスク番号2としてロックされています。
  2. Channel シートのタイトルバーをタップしてください。

 

どのようにシートを設定するかはユーザ次第です。また、どのようなショーを扱っているかにもよります。大抵のプログラマやオペレータが設定を行う際の、一つの決まった方法というものはありません。それは、完全にユーザが決められるもので、好みの問題です。