オプション・キーワード

コマンドで用いられるオプション・キーワードは、結果を一時的に限定するための条件として見ることができます。結果はその場に限ったもので、恒久的に設定されることはありません。

オプション・キーワードの働きを理解しやすくするために、ピザ店での日常的な状況を例に説明してみましょう。

例えば、あなたがお気に入りのピザ店で、いつもモッツァレラチーズをトッピングしたピザを注文しているとします。店のオーナーは、あなたがいつもこのピザを食べていることを知っています。ピザを食べたいと電話すれば、すべて手配してくれるので、あとは受け取りに行くだけです。

ところがある日、代わりにバジルのトッピングにしたいと思ったらどうするでしょうか?

ピザ店に電話して、今回はバジルでと言うでしょう。次回はまたいつものトッピングにしてくれるでしょうが、今回は違うということを明確に伝えないと、店はデフォルトのモッツァレラチーズに固執します。

ヒント
ここではピザを例にあげましたが、ハンバーガー、ケバブ、蒸しパン、ザウアーブラーテン、ヴァレーニキ、ボルシチなど、好きな料理を思い浮かべてください。