グランドマスター

グランドマスターは、ショーでパッチされているすべてのフィクスチャのインテンシティ出力を制限するために用いられます。

デフォルトでは、このノブを回すとインテンシティが調整されます。これは、Special Executor Configuration メニューで変更できます。メニューにアクセスするには、Assign を押してからグランドマスター・ノブを押してください。これは、SpecialExec キーワードを用いてコマンドラインから開くこともできます。詳しくは SpecialExec キーワード を参照してください。

エクゼキュータの構成については、Executor Configurations を参照してください。

グランドマスターは、画面1のエンコーダバーの右側にも表示されます。


エンコーダバーの Grand Master

フェーダでグランドマスターレベルを設定できます。また、Grand Master を押すことでグランドマスター機能の有効/無効を切り替えられます。緑マーカは Grand Master が有効になっていることを示しています。

グランドマスターをエクゼキュータに割り当てることもできます。詳しくは エクゼキュータへのオブジェクト割り当て を参照してください。

ヒント
Fixture SheetLayout View 両方の Output レイヤと DMX レイヤ、および DMX Sheet3D ウィンドウ には、グランドマスターによって調整された値がすべて表示されます。

グランドマスターは卓の右側にあります。


grandMA3 full-size および light 卓での位置


grandMA3 compact 卓および grandMA3 onPC command wing での位置