トラッキングとは

トラッキングは、キューに変化だけを保存するという仕組みです。

フィクスチャが青色で点灯している場合、変更の指示があるまで、そのままの状態にとどまります。オンの指示があるキューとオフの指示があるキューとの間に、キューがいくつあっても関係ありません。

オン/オフが切り替わる間の各キューが、フィクスチャを青色で点灯させるという情報を持つ代わりに、それを一度保存するだけで済み、そこからトラッキングされます。

簡単に言えば、トラッキングとは、パラメータにレベルが一旦設定されると、それを変更するように指示されるまで、そのままでいるということです。

フィクスチャ1は、キュー1に、青のディマー値100%で保存されます。八つのキューがあり、フィクスチャ1に新しい情報が与えられない場合、8個すべてのキューで青の100%のままです。

この情報を確認するのに最もよいのは、Sequence シートをトラッキング・シートモードにすることです。タイトルバーの Track Sheet をタップすると切り替えられます。


八つのキューを持つシーケンス1 - キュー1にフィクスチャ1の値が保存

キュー1の値と他の値との、文字色の違いに注目してください。黒の場合は、値が実際にはキューに保存されていなく、前のキューからのトラッキング値であることを表しています。

ここで、フィクスチャの色を赤に変え、ディマー値を再び100%に設定します。

これをキュー4として、Merge オプションで保存すると、下のようになります。


八つのキューを持つシーケンス1 - キュー4でフィクスチャ1が新しい色 - ディマーがブロック

ディマー値(および緑)の文字色が白になっています。これは、値が保存されていて、それがトラッキング値と同じであることを表しています。これは「ブロックされた」値と呼ばれます。前のキューのいずれかで値を変更しても、キュー4は100%のままになります。キュー1からのトラッキング値は(同じ値で)ブロックされ、キュー4に保存されている値が最後までトラッキングされます。

冗長に保存されていた値は、ディマー値を削除することでキューから削除できます。これは「ブロックの解除」とも呼ばれます。


八つのキューを持つシーケンス1 - キュー4でフィクスチャ1が新しい色 - ディマーのブロックが解除

これを行うには、いくつかの方法があります。

一つの方法は、フィクスチャ1のディマー値をプログラマのアクティブにしてから(値は問いません)、キュー4 を "Remove" オプションで保存することです。これによって、キューからディマー値が削除されます。

二つ目の方法は、以下のようなコマンドを用いることです。

[Channel]> Unblock Sequence 1

これによって、シーケンス1全体から、冗長なブロック値がすべて削除されます。

Unblock コマンドを用いると、緑の0の値が保持されることに注意してください。厳密には冗長な値ですが、赤や青とともに指定された色の一部です。

 

Cue Zero

Cue Zero は、アトリビュートのデフォルト値へのリンクを含む、自動的に作成されたキューです。Cue Zero を手動で変更することはできません。このキューは、シーケンス開始時にデフォルト値を提供します。また、キューを移動またはコピーするときに、欠けているデフォルト・データを提供します。

 

Off Cue

Off Cue は実際のキューではなく、アトリビュート値は含まれていません。タイミング情報が用いられている場合、シーケンスはオフになります。

 

Release

Release オプションで保存することもできます。これによって、Sequence Tracking シートで関連する欄が空になります。

アトリビュートがシーケンスで解放されている場合、アトリビュートに何も情報を送らないシーケンスと同じです。

別のシーケンスがアトリビュートに値を送っている場合、これらの値が用いられます。この場合、シーケンスの優先度が重要になります。優先度については、キューの再生 を参照してください。

 

トラッキングのオン/オフ

Sequence Settings の Tracking オプションで、トラッキング機能のオン/オフを切り替えられます。

トラッキングがオフの場合、トラッキング値はなくなり、値がトラッキングされていた場所では、それが解放されます。

上の画面例で用いられているシーケンスの場合、トラッキングなしでは以下のようになります。


トラッキングがオフのシーケンス1

フィクスチャ1は、キュー1の青でだけオンになります。キュー2では、デフォルト値に戻ります。キュー4では赤になりますが、ディマーはオフです。キュー5では、色がデフォルトに戻ります。