キュー・タイミング

各キューパートは、多くのタイミング情報を持ちます。

キュー作成の際に何も指定しないと、デフォルトのタイムが用いられます。デフォルトは変更可能です。詳しくは Store Options とプリファレンスの保存 を参照してください。

キュー・タイミングは、コマンドラインやGUIによって、いつでも変更できます(Sequence シート)。

フィクスチャの値がどのように変化するかに影響する多くの要素があり、以下のようなグループに分類できます。

このリストでは、下にあるのものほど優先度が高くなっています。

一般的なキュータイム

以下の6種類の一般的なキュー・タイミングがあります。設定で表示が省略されていなければ、それらに対応する列項目が Sequence シートに表示されます。詳しくは キューとシーケンスの確認 を参照してください。

これらの値は、以下の構文で変更できます。

Cue キュー番号 CueInFade 新しいキュータイム

対応キーワード CueInFadeCueOutFadeCueInDelayCueOutDelaySnapDelay、または CmdDelay を使用してください。

キューのフェード/ディレイは、CueFadeCueDelay でも設定できます。これらによって、キューの四つのフェード/ディレイタイムを設定できます。これらは、一つのキーワードだけで In/Out タイムを設定するのに用いられます。

In と Out タイムはスラッシュで区切ります。スラッシュの前が In タイム、スラッシュの後が Out タイムです。In と Out の両方を指定しなくてもかまいません。スラッシュを用いて一方だけを設定できます。設定したいタイムは、スラッシュの正しい側に記述してください。

スラッシュなしでタイムを一つだけ設定した場合、In タイムにはその値が用いられ、Out タイムは In タイムにリンクされます(厳密には "None" に設定)。そのため、例えば、フェードインとフェードアウトは同じになります。

例えば、キュー3のインフェードを5秒に、アウトフェードを8秒に設定するには、以下のようにキーを押します。

Cue 3 Time 5 / 8 Please

コマンドラインでは以下のようになります。

User name[Fixture]> Cue 3 CueFade 5/8

タイムを一つだけ指定すると、In と Out の両方がそのタイムになります。例えば以下のようにすると、キュー4のフェードインとフェードアウトが両方とも7秒になります。

User name[Fixture]> Cue 4 CueFade 7

また、スラッシュの片側だけに数値を記述することで、In または Out タイムだけを指定できます。例えば以下のようにすると、アクティブなキューに対して、CueOutFade が3に、CueInDelay が1に設定されます。

User name[Fixture]> CueFade /3 CueDelay 1/
Time キー によって、CueFade と CueDelay の両方にアクセスできます。詳しくは CueFade および CueDelay を参照してください。

プリセット・タイミング

各プリセットタイプは、固有のフェード/ディレイタイムを持っています。Sequence Sheet には、それらに対応する列項目があります。

これらのタイムは、プリセットタイプの値が変化するすべてのフィクスチャによって用いられ、そのプリセットタイプに対する一般的なキュー・タイミングを上書きします。

重要
インテンシティ値が下降する場合は、"Fade Dimmer" タイムの影響を受けません。これらは "Cue Out Fade" によって制御されます。

プリセットタイプのフェードやディレイのデフォルトは "Basic" です。フェードは Cue In Fade に、ディレイは Cue In Delay と同じになります。

個別アトリビュート・タイム

個々のアトリビュートには、個別にフェード/ディレイタイムを設定できます。これは個別(Individual)タイムと呼ばれます。

Sequence シートには Indiv FadeIndiv Delay という二つの列項目があり、個別タイムの最大値が表示されます。また Indiv Duration という列には、全体としての個別タイム(ディレイ + フェード)が表示されます。

Executor Time

Exec Time というマスターフェーダがあります。これは マスター・コントロール ポップアップで確認・変更でき、物理的なコントロールやエクゼキュータに割り当てることも可能です。

この機能がオンになっていると、保存されているフェード/ディレイ・タイミングの代わりに、このフェーダで設定したタイムが用いられます。キューがトリガーされると Exec Time フェーダ位置が登録され、動作中のキューフェードに影響を与えることなく、後からフェーダを動かせます。

Sequecne SettingUse Exec Time の設定をオフにすると、この機能からシーケンスを保護できます。

Rate タイム

Rate によって、キューフェード動作中にタイミングを動的に変更できます。保存されているタイムは変えずに、それがより速く/遅くなるように簡単に調整できます。

フェーダを上げると、保存されているタイムより短くなって、フェードが速くなります。フェーダを下げると、保存されているタイムより長くなって、フェードが遅くなります。

Rate は、Rate1 キーワード でリセットできます。