Selection Grid

このトピックの内容

フィクスチャは、3D Selection Grid での位置情報を持つことができます。

各フィクスチャは、グリッドで1マス分を占めるボックスとして表されます。

グリッドは、フィクスチャを相互に関連付けて整理するための手段ですが、必ずしも 3D ウィンドウでの位置とは限りません。

グリッドは、値の範囲が適用されるときに用いられます。X/Y軸位置が同じでZ軸位置だけが異なるフィクスチャには、同じ値が適用されます。

以下の最初の例では、グリッド情報を持つグループによってフィクスチャを選択し、Align 機能を用いて Color Picker で色を割り当てています。値範囲は、Selection Window で最小から最大番号の列へと適用されます。

グリッドにおけるフィクスチャ位置は、Selection Window で確認できます。

タイトルバーには、以下の三つのオン/オフボタンがあります。

Auto Remove X Gaps:
オンにすると、フィクスチャ・セレクションのギャップが取り除かれます。

Show Grid:
グリッドの表示/非表示を切り替えます。

Fit:
グリッド内のすべてのフィクスチャに合わせてウィンドウをリセットします。


Selection Grid - 10台のフィクスチャを配置

グリッド・カーソル

フィクスチャは、グリッド・カーソルの位置に基づいて配置されます。グリッド・カーソルは、グリッド内の青いセルです。

グリッド・カーソルは、Grid キーワード を用いて(3軸すべてを利用可)、あるいは Selection Window をタップすることで(2D XY平面でのみ選択可)移動できます。

例えば、カーソルをX位置3、Y位置2、Z位置1に移動するには以下のようにキーを押します。

MA + X3 3 / 2 / 1 Please

Z軸が1の場合は省略できます。

グリッド・カーソルは複数セルに渡らせることもできます。Thru キーワード で開始/終了セルを指定してセル範囲を選択します。

例えば、以下のようにキーを押します。

MA + X3 1 Thru 3 / 2 Please


Selection Grid - セルの範囲選択

グリッドを定義してからフィクスチャを選択すると、その領域にフィクスチャが配置されます。一つのセルだけが選択されている場合、X軸の次の空きセルにグリッド・カーソルが移動し、そこから水平方向にフィクスチャが配置されます。グリッド・カーソルは、フィクスチャが配置されるたびに一つ右(X軸の正方向)の領域に移動します。

今のところ、グリッド番号を負数にはできません。

グリッドの保存

フィクスチャをグリッドに配置すると、グリッド情報を利用するグループ、プリセット、その他のオブジェクトにその情報を保存できます。グループ、プリセット、または他のオブジェクトの保存は、可能な方法(ボタン、画面、またはその組み合わせ)で行ってください。

グループの保存については グループの作成 を、より一般的な事柄については グループ を参照してください。

プリセットの保存については プリセットの作成 を、より一般的な事柄については プリセット を参照してください。

キューの保存については キューの保存 を、一般的な事柄については キューとシーケンス を参照してください。

Selection Grid の調整

1本指でウィンドウにタッチしてそのまま動かすと、グリッドを回転させることができます。これをマウスで行う場合は、左ボタンを押したまま動かしてください。

タッチ画面上で2本指によるピンチ操作を行うと、グリッドをズームできます。マウスホイールによってもズーム可能です。

2本指で画面をタッチしてドラッグすると、グリッドを移動させることができます。これをマウスで行う場合は、左右のマウスボタンを押しながらドラッグしてください。