データプール

種々のショーデータ(パッチ、カラーテーマ、タイムコード・スロットは除く)は、別々のプールに保存されています。これらのデータは、実際にはすべてデータプール・オブジェクトの中にあります。

新しいショーファイルには、Default データプールが作られます。他のすべてのプール・オブジェクトは、実際にはこの データプール・オブジェクト内にあります。

新しいデータプール・オブジェクトを作ると、全く新しい一組のプールを作成できます。

これは、複数のショーや演目で同じパッチを利用している場合や、例えば、バンドの曲集にある各曲を個別のデータプールにできる場合などに、とても役立ちます。

データプールには、以下の要素があります。

DataPools ウィンドウ

各データプールを確認するのに最もよいのは、DataPools ウィンドウです。これは、他のウィンドウと同様に作成できます(ウィンドウの追加 を参照)。


DataPools - いくつかのプール・オブジェクト

プールは、目的のオブジェクトをタップして選択するために利用できます。後述のさまざまなデータプール操作は、プール・ウィンドウと組み合わせて適切なキーワードを用いることで行えますが、コマンドラインから DataPool キーワード を利用することによっても可能です。

データプールは、Menu / Settings / User Configuration / Pools でも確認できます。Data Pools Configuration が開き、データプールの一覧が表示されます。

データプール・オブジェクトの新規作成

データプールを作成するには、以下のいずれかによって、それを保存する必要があります。

空のプール・オブジェクトに対して "Edit" コマンドを実行することによっても、データプール・オブジェクトが作られます。

データプール・オブジェクトのコピー

データプールはコピーすることができます。これによって、データプール内のすべての要素のコピーが作られます。コピーは互いにリンクされません。コピー操作後に一方の内容を変更しても、他方には反映されません。

ヒント
データプール内のオブジェクトは、通常の CopyPaste コマンドによって、一つのプールから別のプールにコピーできます。

データプール・オブジェクトの編集

データプール・オブジェクトを編集すると、データプール要素の構造リストが表示されるエディタが開きます。リスト要素を展開すると、その要素に対する設定が表示されます。


編集モードのデータプール - 展開されたシーケンス

これは、データ構造の詳細を示しています。

ここで設定を変更すると、そのオブジェクトに対する設定が変更されます。

以下のいずれかによって、プール・オブジェクトを編集します。

別のデータプールからのデータプール・オブジェクト参照

データプールに存在するプール要素は、別のデータプールで利用することができます。

例えば、レパートリー・シアターがあるとします。客電制御のシーケンスを含め、すべてのデフォルト要素は、データプール1に保存されています。今夜の演目は、データプール2にプログラムされています。シーケンスはデータプール1からコピーできますが、後からシーケンスを変更すると、データプール2に再度コピーする必要があります。そうする代わりに、元のシーケンスをデータプール2のエクゼキュータに割り当てることができます。

上の画面例を見ると、データプール構造に番号が振られているのが分かります。このデータプールのシーケンス2は、データプール・オブジェクト1.5.2になっています。最初の数字は、Data Poll 番号です。2番目の数字は、それがシーケンスであることを表しています。3番目の数字は、シーケンス番号1を表しています。この要素をどこかに割り当てたい場合は、そのデータプール・オブジェクトを指定してください。

データプールにはシーケンス2があります。これは、エクゼキュータ201(ページ1)のデータプール2で使用する必要があります。

データプール2が選択されていることを確認してください。

この例は、コマンドラインで Assign DataPool 1.5.2 At Page 1.201 を実行することで達成できます。

これで、データプール1のシーケンスが、データプール2のエクゼキュータから制御できるようになります。

例えば、GUIでエクゼキュータに対するオブジェクトを選択する際の Assign メニュー のように、いくつかのメニューではデータプールを選択することができます。メニューのタイトルバーに DataPool というボタンがあり、別のデータプールに切り替えられます。

データプール・オブジェクトの削除

重要
データプール・オブジェクトを削除すると、データプール内のすべてが削除されます。

ロック解除されたデータプールは、以下のいずれかによって削除できます。