フィクスチャの操作

フィクスチャをショーにパッチしたら、次のステップはそれらの操作です。

フィクスチャタイプによって、できることは異なります。多くのフィクスチャにはディマー機能がありますが、ムービングヘッドなどの場合は Pan/Tilt チャンネルもあるでしょう。色変更が可能なものなら、カラーホイール、RGB、CMY、あるいはスクローラなどを持っています。またメディアサーバの場合、他にも多くの制御項目があります。

ヒント
パッチされたフィクスチャで何ができるかを理解していることは重要です。例えば固定のカラーホイールしかないフィクスチャで完璧な色を再現しようとしても無理です。

以下のステップでは、フィクスチャを選択し、種々のアトリビュート(Dimmer、Pan、Tilt、Zoom など)の値を変更します。

数字キーでフィクスチャ番号をタップして、フィクスチャを選択します。

例: Fixture 1 Thru 5 Please

Admin[Fixture]> Fixture 1 Thru 5

この例では、1〜5のフィクスチャ番号を持つすべてのフィクスチャが選択されます。

また NextPrev を用いると、選択されているフィクスチャ番号の前後を選択できます。

Fixture Sheet では、複数のフィクスチャをタップで選択することもできます。

フィクスチャの操作

フィクスチャを操作するには、それらが選択されている必要があります。フィクスチャによって、操作すべき種々のアトリビュートがあります。ほとんどのフィクスチャには、インテンシティを設定する Dimmer アトリビュートがあります。

 

Dimmer

Dimmer 値を設定するには、以下のように多くの方法があります。


エンコーダバー

その他のアトリビュート

他のアトリビュート値を設定する場合にも、以下のように多くの方法があります。