フィクスチャの操作

フィクスチャをショーに追加してパッチしたら、次のステップは、それらを選択して操作することです。

Different fixture types can do different things. ほとんどのフィクスチャには、何らかのインテンシティ制御がありますが、ムービングライトの場合は、パンやチルトの制御もあります。 If the fixture can change color, it will have a color wheel, an RGB, a CMY or maybe a scroller. If it is a media server there is a lot of other settings to control, for instance, which clip to play. これらのさまざまな制御要素は、すべてアトリビュートと呼ばれます(Attribute Definitions を参照)。

ヒント
パッチされたフィクスチャで何ができるか(どのようなアトリビュートを持っているか)を理解していることは重要です。例えば固定のカラーホイールしかないフィクスチャで完璧な色を再現しようとしても無理です。

フィクスチャの選択

フィクスチャを手動で操作したり、種々のアトリビュート(Dimmer、Pan、Tilt、Zoom など)の値を変更したりするには、それらを選択する必要があります。

フィクスチャは、以下のようにさまざまな方法で選択できます。

There are other more complex ways to select fixtures but these are the most basic ones. One of the two first listed methods needs to be used before groups or presets can be created.

This is an example on how to select fixtures by tapping the fixture ID on the numeric keyboard:

Fixture 1 Thru 5 Please

このコマンドは、コマンドラインで以下のように表示されます。

User name[Fixture]> Fixture 1 Thru 5

これによって、1〜5のIDを持つすべてのフィクスチャが選択されます。

There are some keys that are used to navigate the sub-selection of fixtures. これは、MAtricks 機能の一部です。 The keys have an on-screen version called Selection Bar. These can also be used to select fixtures. 詳しくは、下位トピックを参照してください。

 

フィクスチャの操作

フィクスチャを操作する主な方法の一つは、エンコーダバー を用いることです。


エンコーダバー

これによって、選択されているフィクスチャで利用可能なすべてのアトリビュートに素早くアクセスできます。

デュアル・エンコーダ は、選択されているフィーチャグループ(例: Position)に応じて機能が変化します。

変更された値は、背景色が赤になります。これは、値が プログラマ にあることを示しています。

カラー・コントロールのための特殊なウィンドウとして Color Picker があります。これは、フィクスチャの実際の混色システムとは無関係に色を選択できる優れたツールです。

Smart View では、フィクスチャで定義されている値に素早くアクセスできます。例えば、ゴボ ・ホイールを持つ大抵のフィクスチャは、ゴボ・スロットを選択するための値に関する情報を持っています。

Dimmer

The dimmer is a little special because it is a very universal attribute. ほとんどすべてのフィクスチャには、何らかのインテンシティ制御があります。

選択されているフィクスチャのディマー値を設定するには、以下のように多くの方法があります。