Import / Export メニュー

Import / Export メニューでは、現在のショーファイルから最小限の追加ショーデータによる小さなファイルとしてオブジェクトをエクスポートするためのワークフローがグラフィカルに提示されます。

ヒント
ショーにある他のオブジェクトを参照するオブジェクトをエクスポートすると、参照されているオブジェクトも自動的にエクスポートに含まれます。例えば、アピアランスを持つマクロをエクスポートすると、エクスポートされたファイルには参照されているアピアランスも含まれます。

このメニューでは、これらの小さなファイルから現在のショーファイルにオブジェクトをインポートすることもできます。例えば、あるショーファイルから別のショーファイルに、ユーザプロファイルや選択したマクロを簡単にコピーできます。

以下の手順で、Import / Export メニューを開きます。

  1. Menu キーを押すか、コントロールバー の上部にある アイコンをタップします。
  2. Menu ポップアップの下段にある Import / Export ボタンをタップします。

メインの Import / Export メニューが開いたら、左上隅にある Import または Export タブをタップして、目的のインターフェースにアクセスしてください。


Import / Export メニュー - Color プリセットのエクスポートのための準備

Export および Import メニューのメイン領域には、左側にデータのソースが、右側にデスティネーションが表示されます。したがって Export メニューでは、現在のショーファイルで指定されたオブジェクト・タイプが左側の Local セクションに、選択中ドライブにある関連フォルダの内容が右側の Drive セクションに表示されます。また Import メニューでは、これら2セクションが反対側に表示されます。

オブジェクト・タイプ

これらのメニューでは、さまざまなオブジェクト・タイプをインポート/エクスポートできます。メインのタイトルバーにある ObjectType をタップすると、オブジェクト・タイプが切り替わります。またスワイプすると、利用可能なすべてのオブジェクト・タイプがリスト表示されます。


Edit ObjectType ポップアップ

Drive セクション

エクスポート先として別ドライブを選ぶには、Drive セクションのタイトルバーの右端にある Internal ボタンをタップするか、スワイプして利用可能なドライブのリストを開きます。Import メニューの場合、この設定はデータソースとして利用するドライブを指定します。

Local セクションのタイトルバー・ツール

Local セクションのタイトルバーには、以下のようないくつかの便利なボタンがあります。

オブジェクト・サブタイプ

以下の ObjectType には複数のオブジェクト・コレクションが含まれており、それらは個別のプールとして表示されます。

ObjectType で PresetPools または GelPools を選択すると、関連するすべてのオブジェクト・サブタイプを表すラジオボタンの列がメニューの上部に表示されます。これらのボタンの一つをタップすると、そのプールが下に表示されます。

複数オブジェクトの選択

表示されているプールで任意のオブジェクトをタップして、エクスポート対象を選択します。選択したオブジェクトの周りには茶色の枠が表示されます。複数のプール・オブジェクトを選択するには、追加したいオブジェクトをそれぞれタップしてください。また選択されているオブジェクトをタップすると、選択が解除されます。

Sheet Style が有効な場合、投げ縄選択によって隣接する複数のオブジェクトを選択できます。オブジェクトを一つだけ選択するには、それをタップしてください。他のオブジェクトの選択状態を変えずに、シートにある任意のオブジェクトの選択状態を切り替えるには、キーボードの Ctrl を押しながらそのオブジェクトをタップします。


エクスポートのワークフロー

  1. 左上隅の Export タブをタップします。
  2. 目的の ObjectType を設定します。
  3. デスティネーション・ドライブを設定します。
  4. エクスポートしたいすべてのオブジェクトを Local エリアから選択します。
  5. Drive エリアの Name 欄に、任意のファイル名を入力します。
  6. メニューの下部にある Export をタップしてください。

インポートのワークフロー

  1. 左上隅の Import タブをタップします。
  2. 目的の ObjectType を設定します。
  3. ソース・ドライブを設定します。
  4. インポートしたいすべてのファイルを Drive エリアから選択します。
  5. Local エリアのプールで、デスティネーションを選択します。
  6. メニューの下部にある Import をタップしてください。
ヒント
特定のオブジェクト・タイプ(GobosImagesSymbols、および Videos を含む)は Appearances に含めることができます。インポート時に、これらのオブジェクトに基づいて新しい Appearances を自動作成するには、Import をタップする前に Create Appearances オプションをオンにしておきます。

コマンドライン構文によるインポートとエクスポート

これらのメニューを用いずに、コマンドライン構文によってショーデータをエクスポート/インポートする方法については、Export キーワード および Import キーワード を参照してください。