リリースノート 1.0

grandMA3 software version 1.0 へようこそ

以前の grandMA 卓のレガシーに基づきつつ、grandMA3 では、照明制御プラットフォームの可能性を根本的に再考しました。grandMA3 ソフトウェアは、使い慣れたワークフローを拡張し、最新の課題に対処する新レベルの照明制御を提示しています。grandMA2 からの移行の際は、最も一般的なワークフローは引き続き尊重されているため、すぐに慣れるはずです。

新しい照明卓について学ぶのは決して簡単ではありませんが、grandMA3 ソフトウェアの新しい概念を理解するのに役立つ多くの手段が用意されています。ソフトウェアにはヘルプがあり、Help ウィンドウで参照できます。www.malighting.com にアクセスすると、grandMA3 eラーニングコース、ビデオ・チュートリアル、公式コミュニティ、そしてすべての最新MAソフトウェアが見つかります。また、お近くのMA代理店に連絡することで、eラーニング・アクセスに登録したり、新しい grandMA3 への移行トレーニングコースを手配したりできます。

Mode2 と呼ばれる最新の grandMA2 バージョンは、卓のソフトウェアにも実装されています。"restart" コマンドを入力すると、Mode2 モードと grandMA3 モードを切り替えられます。

grandMA3 についてのフィードバックは、support@malighting.com / support@malighting.com にお寄せください。

ヒント
新しい grandMA3 のトレーニングコースを提供している MA University に是非訪れてみてください。
詳しくは www.malighting.com/training-support/ma-university/overview/ をご覧ください。
 

特徴

grandMA3 1.0.0.3 の最新リリースでは、照明エクスペリエンスを豊かにするいくつかの機能強化が行われています。 以下の簡単な説明を読み、詳しくは関連リンクを参照してください。

Menu/Patch

プログラミング

プレイバック

プログラミング・ツール

プロトコル

その他

これらは、新しい grandMA3 オペレーティング・システムにおける主要機能のほんの一部です。他にも多くの機能があります。詳しくは、MA University、公式コミュニティ、または MA Web サイトをご覧ください。

 

既知の制限

grandMA3 セッション内で最高のネットワーク・エクスペリエンスを得るには、ネットワークスイッチの設定でIGMPスヌーピングと Flow Control を有効にすることをお勧めします。
今のところ grandMA3 システムは、システムにDMXをマージするために、ユニバースごとに一つの外部DMXソースだけをサポートしています。
onPC ステーションに対してネットワーク経由でソフトウェアを更新するには、インストール先システムでインストール処理中に確認が必要です。
Soft LTP の有効/無効にかかわらず、プレイバックでは常に Soft LTP が用いられます。
キューによって参照されるプリセットを削除した場合、削除を取り消しても参照は復元されません。
カスタム・メッシュ/3Dモデルは、セッション内で送信されず、ショーファイルにも保存されません。